「ほっ」と。キャンペーン

Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

Saigenji

昨日、kanegonさんと名古屋クワトロへSaigenjiのライブに行ってきました。
(Kanegonさん、ハピネス田中さんありがとうございました!)

Saigenjiの評判は耳にしてましたが、音を聴くのははじめて。いろいろな音楽性をぶちまけながら、Saigenjiのヴォイスを中心にそれを聴きやすい音楽性でまとめているのは、聴いてて楽しかった。フロアー向けキラーチューンあり、しっとり聴かせる曲あり、ソロ・デュオでのパフォーマンスあり、バンドメンバーもそれぞれ楽しんで演奏しているようでなかなかステージも見せてくれる。ドラムスとパーカッションのバトルはなかなか聴き応えがあった。ドラムス、もちょっと引き出しみせて欲しかった。サックス&ピアニカ&フルート奏者がよかった!サックスのよれよれの鋭さ、フルートっぽいピアニカ、この人のバンドも見てみたい!

で、終始感じていたのは「Saigenji」ってなんなんだろう?という感覚。はじめて見て聴いていうのも何なんだけど、「なんかうまいセンスとパワーある人だな」(それはそれですごいんですが)で終わってしまい、「Saigenji」もう一回みたい聴きたい!という気持ちにはなかなかなれなかった。
1曲フルートとSaigenjiの笛の音が導く"la Puerta"のみ、春に予定されているブラジルでのレコーディングへの意気込みを感じさせるのか、「これがSaigenjiなのか~」という驚きを得られた。

どうなんだろ、歌詞なのかヴォイスパフォーマンスなのかバンドアンサンブルなのか弾き語りなのか、その全部なのか。バンドアンサンブルだとしたらちょっとアレンジが定型だったかなという印象。ヴォイスパフォーマンスだとすると消化不良。ある一点のみでいいから臨界点突破したSaigenjiを見せ付けてほしかった。その断片が"la Puerta"だったのかな~と。

とにかく次のアルバムは聴いてみようと思う。もっともっと音で演奏で笑顔をくれ!Saigenji!!!
[PR]
by sh2o | 2005-01-19 19:21 | All Frontiers