Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

Di Giusto y Camerata ambigua "La cambriada"

a0023718_2147059.jpg昨年パーカッション奏者ヤヒロトモヒロらと日本ツアーを行ったアルゼンチン人ピアニストGerardo Di Giustoのアルバム。弦楽五重奏団Camerata ambiguaをバックにGerardoのオリジナル曲を演奏。昨年の来日時はどちらかというとフォルクローレルーツな演奏と話しをしていたGerardoだが、ここではタンゴ、フォルクローレ、JAZZがハイスピードで交錯する華麗な音楽をつくりあげてる。過剰なアヴァンギャルドさや過激なアカデミズムもない、スリリングでスタイリッシュな風をきる華麗な自転車レースを思わせる快感に震える。弦楽五重奏の内二人はGerardoと同じアルゼンチン人だ。ハイスピードで難コースなレースを走る高性能自転車を支えるタイアの役割のよう。フランスにはピアソラをはじめ多くのアルゼンチンミュージシャンやヨーロッパのミュージシャンたちが独自のタンゴを切り開いてきたが、このアルバムは一つのエポックメイキングとなるだろう。もうピアノにピアソラの亡霊を追うことはない。今わたしにはGerardo Di Giustoがいる。

そして大ニュース。2005年Gerardoは金子飛鳥、Carlos BuschiniそしてヤヒロトモヒロとのバンドGAIAで再び日本ツアーを予定しているようだ。これは絶対に聴き逃せない!!!
[PR]
by sh2o | 2005-01-29 21:46 | Argentina