Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

Alvarezabala Duo "HALO DE LUZ"

a0023718_1728211.jpg1997年ブエノスアイレスで結成されたAlvarezabala Duo。クラリネット奏者Emiliano Alvarezとギター奏者Cecilia Zabalaのデュエット。
ギターとクラリネットのデュオといえばQuique SinesiとMarcelo Moguilevskyによる"Soltando Amarras"があるが、そこにNora Sarmoriaがヴォイスで参加したような印象。丁寧に奏でられるクラリネットとギター。コンテンポラリー・クラシックmeetsJazz y Folklore。二人ともとても上手い。Ceciliaのギターは他の誰でもない微妙で美明な揺らぎを感じる。聴いててとても魅力的だ。以前ギリシャ出身のギタリストElena Papandreouに似たような感触を得たことを思い出した。
見透かされ作られたものではなく、ジャケットのように奔放に茂る数々の葉っぱのように自然に繁茂し広がる自由な風に溢れている。時折見つけた実を摘み口に含み甘さやすっぱさに心躍らせる楽しみ。ゲストのGabriel LuchttiのdjembeとCeciliaのカリンバが効果的。
Ceciliaは “Guitars in the World ‘96 Festival”(EPSA)に参加している。そしてMorón “Alberto Ginastera” Conservatory of Music卒業。ということはFlorencia Ruizと同じ?!Ceciliaの方が年上だが在学期間はかぶってるはず。今度Florenciaに聞いてみよ。
[PR]
by sh2o | 2005-02-27 17:30 | Argentina