Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

Ernesto Dmitruk Quinteto "POR La noche"

a0023718_17581392.jpgアルゼンチンのギタリストErnesto DmitrukによるJazz Fusionアルバム。Manolo Juarezに師事しBerkleeで研鑽を積んだギタリスト。
Ernestoはこれが心地いい~。春の胸の辺りがムズムズするような夜にピッタリ。
Ernestoのギターはひんやりと硝子で出来た蝋みたく、暑い夜を撫できる春の夜風のよう。Carlos MandarigadaのベースとJose Luis ColzaniのドラムスそしてMario Gussoのパーカッションが作る小気味いいリズムは降り注ぐ満月の光のように滑らかなグルーブを送る。更にJavier Lozanoのピアノがそんな春風と月光に映える花のように華麗さを静かに散らす。巷に溢れるネームバリューだけで満足するへんなJazz Fusionなんてあっさりと彼岸へ押し流す、静と動が織り成す生きた音楽!ラストでRalph TownerのIcarusをカバー。Marcelo Chiodiのケーナが正に春霞。
もうどこかに消えてしまう、どこかに連れて行って欲しい。そんな胸を開け放つ想いに溢れる気持ちのいい1枚。これも注目のMDR Recordsから。
[PR]
by sh2o | 2005-04-16 17:58 | Argentina