「ほっ」と。キャンペーン

Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

Kate Mcgarry "Mercy Street"

a0023718_1927718.jpgNYCを拠点に活動するヴォーカリストKate Mcgarryの2ndアルバム。前作同様Steve Cardenaceが全面サポート。ドラムスもKenny Wollsen。前作はギター中心の音作りとなっておりSteveのほかにKeith Ganzというギタリストが参加している。Kateの繊細朝靄の中でコーヒーを飲むような繊細で暖かなヴォーカルをサポートするSteveのエレキとKeithのアコギ。Radka ToneffのアルバムにRalph Townerが参加したみたいだ。
曲も前作同様にカバーが中心。Joni Mitchell "Chelsea Morning"、Bjork "Joga(state of enemy)"そしてPeter Gabriel "Mercy Street"。ブラジルものではToninho Horta "Aqueles Coisas Tados"。タイトルソングでもある"Mercy Street"の夜中の人気の無い通りを一人悲しみを足にまとい彷徨うような空気に溜め息。Fred HerchのピアノがはいるFredとNorma Winstoneの曲"Stars"に目が霞み星が揺れ動いては見失う。
実はこのアルバム。2~3回聴いてしっくりこずに放っておいたのだ。そして今改めて聴きなおして胸を締め付けられている。ここでもまた音楽に愛される喜びを感じる。

Kate Mcgarry。まだ肌寒い初夏の夜に好きな人の肩でも抱きながら。聴こえる緑の囁き。
[PR]
by sh2o | 2005-05-23 23:22 | All Frontiers