Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

Alejandro Franov "en piano - melodia"

a0023718_2111275.jpgJuana Molinaのサウンドコーディネーター、はたまたアルゼンチン音響派の代名詞であるAlejandro FranovのNew Albumはピアノソロアルバム。
様々な楽器を使っての音空間が取りざたされるが、彼の音楽にあるひそやかな旋律の美しさがいつも気になっていた。それは前作"OPSIGNO"でもちらほら聴くことができたが、このアルバムでは全編堪能できるのだから嬉しいことこの上ない。John Cageの言葉が引用されているが、Jazzでもクラシックでもない温かい静かにゆっくり流れる小川のような音が、ピアノ小品によって響いていく。ブエノスアイレスのスウェーデン教会で北欧の生まれのグランドピアノのMalmjo(マルムシュー)がこの上の無い柔らかい光を投げかける。こういう音楽が根っこにあるから彼の音楽には、夢の軌跡と森のざわめきが同居するんだ。
録音はSantiago Vazquez。リリースはMDR Records。MDR Recordsは今度 Leo Bernstein、Marco Sanguinetti 、Manuel Ochoa、Nicolás Guerschbergの 4枚のピアノアルバムをリリース予定らしい。へ~、楽しみ!
[PR]
by sh2o | 2005-10-25 21:31 | Argentina