Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

Leo Bernstein "Tracción a Sangre"

a0023718_1822395.jpgアルゼンチンのJAZZ/FUSIONレーベルMDR RECORDSが熱い!
Alejandro Franov"melodia"を皮切りに「en piano」というピアノシリーズがリリースされたが、このLeo Bernstein "Tracción a Sangre"はその中の1枚。
これがね…ビックリ!すごい素晴らしい!!Lito Vitaleの壮大メロディ&キーボード&コーラスに、ANACRUSAのJose Luis Castiñeira de Diosのタンゴ・フォルクローレセンスを掛け合わせたら…こんなのが出来ちゃいました~って音!ちょっと言い過ぎ?ついでにManolo Juarezのお言葉まで寄せられてい。
バンドネオンにWalter Rios、ギターにSergio Liszewski(アルゼンチンFusionの黒幕)とErnesto Dmitruk。涎がでますな~。ドラムJose Luis ColzaniはErnestoのバンドのドラマー。ベースのAlan BallanはANACRUSAのメンバーだ!うむむ。
主人公のLeoは過去に "Imágenes" というアルバムを発表している他、Ernestoの最新アルバム"POR LA NOCHE "に参加している以外は、主だった活動はないようだ。まぁそんなこと関係なく、このアルバムはANACRUSAからM.I.A=Lito Vitaleに伝えられてきたアルゼンチンJAZZ/Fusionの正統的スタイル?の最先端モデルだ!10曲目なんかLitoの曲にSusana Lagoが参加したみたい!!!

胸をガバっと開けて、しびれる気持ちを空に触れさせたい。そんなアルバム!
[PR]
by sh2o | 2006-01-21 18:22 | Argentina