「ほっ」と。キャンペーン

Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

Sara Serpa Quintet

a0023718_2017468.jpgポルトガルはリスボン出身、バークリーに学んだヴォーカリストSara Serpaの1stアルバム。
ジャケットに一目ぼれ。内容も素晴らしい。言うことなしのデビュー盤。スキャットメインでしっとりとハラハラと舞う桜の花びらのように可愛くて華麗なSaraの声。Luciana SouzaのヴォーカルをHerneto Pascoalのアルバム"Festa dos Deuses"で初めて聴いた時の喜びがここにある。Itibere Orquestraに参加しているBeth Dauと双璧か?
Saraは作曲もしており、これがいかにもNYCらしいというか、Maria Schneiderを思わせる豊かで鮮やかな才能を感じさせる。
参加ミュージシャンの中では、同じくポルトガル出身のギタリストAndré MatosがBen Monderを思わせるギターでいい感触。SaxのJorge Reisはどこかで見た名前だけど誰だったかな?Jorgeもポルトガルでリーダーアルバムを1枚リリースしている。
NYCで花開くポルトガルJAZZ。満開になって欲しい。Saraという魅力溢れるシンガー&コンポーザーとともに。
[PR]
by sh2o | 2006-04-14 20:17 | All Frontiers