「ほっ」と。キャンペーン

Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

Renaud Garcia-Fons "Entremundo"

a0023718_19025.jpgFive string bass奏者Renaud Garcia-Fonsのソロ5作目。
フラメンコギタリストAntonio Ruiz 'Kiko'と、Thierry 'Titi' Robinとも活動するパーカッション奏者Jorge 'Negrito' Tresanteとのトリオを中心に、ゲストを交えての正に "Entremundo"=「世界の狭間」の音。基本的には前作"Navigatore"や前々作"Oriental Bass"同様にアンダルシア×オリエンタル的な音風景が広がるが、Jean-Louis Matunierの不参加によりRenaudの5弦Bassが炸裂している。
"The Paganini of double bass"との異名もうなずける演奏だ。今までにあった派手だけどちょっと飽きがくるような(要するにしつこい?)感覚がなくなり最後まで緊張感と独自の世界が途切れない。間違いなくRenaudのキャリア中の最高傑作。
しかし近作に感じられるRenaudのHard Rock的ダイナミズム&カタルシスはどこから来るものなのだろうか?

Renaud Garcia-Fons Site Official : http://www.renaud-garcia-fons.com/

http://www.geocities.jp/musica_arbrfr/
[PR]
by sh2o | 2004-05-30 19:01 | All Frontiers