Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

Fernando Lerman / Ludmila Fernandez

a0023718_15164355.jpgFernando Lerman, Ludmila Fernandez
"Oliverio Girondo, para que siga dando vueltas"


インスト、歌物それぞれ派手ではないが良質でこだわったアルバムをリリースしてるアルゼンチンのPAIレーベル。そんなPAIレーベルにして、更に意外な一撃。そんな一枚。
Fernando LermanはPAIレーベルのオーナーでありフルート奏者。過去にピアニストAbel Rogantiniとのデュオでアルバム"ASTITOR"をPAIよりリリースしている。そんなFernandoが今回パートナーとして選んだのがヴォーカルのLudmila Fernandezだ。

Ludmilaは過去にPAIレーベルよりアルバム"Ahora es el momento - Now's the time"を出している。このアルバムはNight & DayやCaravanなどのJAZZスタンダードを歌ったアルバムであまり関心を引くものではなかった。だから今作もLudmilaか~と思い購入をしばらく躊躇していたというか注文していたことすら忘れていた。だから届いたアルバムを聴いてビックリ!「え?」と思うほど1曲目から惹きつけられる。Ludimlaの声ってこんなに素敵だったっけ?Marta Gomezみたいで好みのタイプの声!しかもビッグバンド風のJAZZホーンがリズミカルに歌い上げる。これはイイ!のは当たり前か。トランペットはJuan Cruz de UrquizaそしてRichard Nant。サックスにはFernando Lermanは勿論のことMartin Pantyerという豪華布陣。トロンボーンのMaximiliano de la Fuenteはよく知らないがこの人もなかなか!

どうやらOliverio Girondoというアルゼンチンの詩人の作品を題材にしたアルバムらしい。何かコンセプトがあるのだろうか?とりあへずそんなことがわからなくても十分に堪能できる。Ludmilaのヴォーカルは本当に素晴らしい。Gerardo Gardeliniのピアノに導かれて歌う曲はとくに素晴らしい。Fernando Lermanもサックス/フルートで勿論参加している。Abel Rogantiniやパーカッション奏者Mario Gusso、ベース奏者Alejandro Herreraも参加。

誰にでもお薦めすることのできる、正に「本物」!最高です!!
[PR]
by sh2o | 2006-11-16 15:24 | Argentina