Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

Cecilia Zabala "AGUARIBAY"

a0023718_17503062.jpg
Cecilia Zabalaを初めて知ったのは、CeciliaとクラリネットのEmiio Albarezとのデュオalvarezabalaのアルバム"Halo de luz"だった。そこでもCeciliaはギターとともに魅力的な歌声を披露していたが、ソロデビュー作となる本作"AGUARIBAY"

Nora Sarmoriaを最初に聴いたときに感じたような浮遊感?いいやそれだけじゃないMarta Gomezのような女"性"を感じさせる歌声。もうこの1曲目"Maravilla"だけでまずはメロメロ。そうMarta Gomezのようにたおやかな歌声。そうそうCecilia一人でQuique SinesiMarta Gomezのデュオを歌い演奏している?いや今思いついた!InteroceanicoでのAlejandra Ortizの透明に揺れ翔る感覚ににそっくりだ!!!

alavarezabalaでは自作曲のみだったが、本作ではCeciliaの自作ほか、クチ・レギザモン、ユパンキそしてAca Seca TrioJuan Quinteroの曲も1曲とりあげている。
1曲目の"Maravilla"から2曲目のレギザモンの"Si llega a ser tucumana"、そしてSilvia IriondoQuique Sinesi参加のアルバムタイトル曲"Aguaribay"、4曲目はJuan Quinteroによる"A Pique"。この流れで完璧にノックアウト!"Aguaribay"でのCeciliaSilvia Iriondoのデュエットは母娘のようで、それを無言で語り継ぐかのようなQuique Sinesiのギターソロの美しさと。それは蝋燭の灯ったテーブルに並ぶ温かなスープのような夢心地。うっとり…。この"Aguaribay"はボーナストラックとしてヴィデオ映像も入っているが、そちらはCeciliaの弾き語りヴァージョン。これが最高。。一本の木になったようなだ。泊まり啄ばみ飛び立つ鳥の鳴き声、光と風の物語、そしてきっと鳥に運ばれるのだろう遠く旅立つ種の夢。泣いちゃった。この曲はきっとこれからいろんな人に歌い継がれていくのだろう、そんな予感を感じさせる名曲。

Ceciliaの声とギターの両者のバランスがいい。歌いこまず弾きこまず、それでいてどちらもサラリと流れていくわけでもない。Juan Faluも参加したJulio Espinozaの曲"Vidala para mi sombra"から、次の自作ギター曲の"Tango~incertidumbre"、そしてユパンキの"Los ejes de mi carreta"とこの辺りは、CeciliaGuitarras del Mundoにも出場したさすがの腕前を堪能できる。そして11曲目の"Hermano"には、彼女の才能の奥深さ、果てしなさが詰まっている。なんという叙情、なんという愛情。 なんといったらいいのかアルバム1枚の作品として非常に完成度が高い。それ程のプロダクションもCecilia一人が行っているのだから驚きだ。

つくられたものではない、あるべくしてこの世で触れることのできる感動。
そして、それに今、出会うことのできた喜び。

こんな音楽があるんだと、個人的体験抜きに涙の出た1枚。
「名盤」なんて言葉もいらない。
ただ一生聴き続けるだろう、
"AGUARIBAY"
[PR]
by sh2o | 2007-07-30 17:59 | Argentina