Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

Egberto Gismonti = Sonho 07

a0023718_0362640.jpg
舞台上にはスタインウェイのピアノ。
登場するジスモンチ。
おお!神光臨。なわけがない。
登場したのは紛れもない人間ジスモンチ。
ニットキャップみたいないつもの怪しい帽子。
もじゃもじゃロン毛。
ECMブルーな色のシャツ。
10弦ギター2本もっての登場だ。

左手右手。放たれる音楽はまさに生き物だ。
不思議な感覚を覚えた。
夢にまで見たジスモンチが今そこで息をして座って演奏している。
しかし、心の中で「ジスモンチ」という意識は希薄だ。
音響のせいもあるのかもしれないが、今、音楽が生まれている。それは「ジスモンチ」という名前なのかもしれない。ただそれだけだ。今、目の前で生まれて飛び出して舞い上がって僕の息の中に零れ落ちていく音楽。その瞬間の連続に出会っている。そんな感覚は、初めてだった。

それは二部のピアノ演奏になってからさらに増していく。
シャツを着替えて、今度はECMグリーンな半袖を着ている
まるで水面を撫でては波紋をなぞっていくかのような演奏。
ギターはそれに対して風を手のひらで切っていくかのような演奏だ。
耳なじみのあるメロディーは、そうだからといって記憶の中に落ち着いていくようなものではなく、
水面を踊っては新たな形を得て輝きの中に消えていく。
その輝きを捕らえては飲み込むのが僕らだ。


改めて思う。
不思議なライブ、不思議な感覚だった。
涙が出るのかと思った。
でも出なかった。
でも。
ライブが終わってから体が震えているのに気がついた。
それは会場の外に出てからも続いていた。
呼吸の中で踊っているのはジスモンチの音楽だ。
ラァラララァァァラタンタッララァァ~ァァァララァ~
なんのこっちゃ…

これがジスモンチだったのかと、
今ははっきりと言えない。
そう思い書いている意味も今はよくわからない。
ただ、歴史を目の前に見て
そして、新たな呼吸も夢も見えたのも確かな感触だ。


今宵会った夢。
Sonho 07
それは今、僕の呼吸の中にある。
a0023718_0364478.jpg

[PR]
by sh2o | 2007-08-21 00:36 | Brasileira