Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

Buenos Aires Report

a0023718_11431657.jpgPablo Ziegler - Quique Sinesi with Walter Castro
"Buenos Aires Report"


津軽三味線か文楽ばかりの最近。久しぶりに聴くアルゼンチンCD(Florencia Ruizは除く)。いや~いいね、やっぱり!Quique Sinesi最高!なのは当然として、Walter Castroのバンドネオンの音の響きが妙に新鮮というか妙に納得。これは勝手な思い込みだが、津軽三味線の音がどこか日本人としての自分の心に自然にしっくりと馴染むことと、このバンドネオンの音はアルゼンチン、Buenos Airesの人の心にしっくりと納まるのだろうなと、そんな風に感じた。

Pablo Zieglerのアルバムを始めて楽しむことができた気がする。今までにもQuique Sinesi参加作品なども含めて何枚か聴いたが、どれもあまり反応著しいものではなかった。本作は小編成でのライブ盤というのがいいのかな。4曲目のQuiqueのペンによる"Milonga Para Hermeto"が最高だ。HermetoとはもちろんHermeto Pascoalのことだ。Quiqueのギターソロからバンドネオンのソロに移る瞬間の浮遊感、バンドネオンソロからピアノソロへの零れ落ちる高揚感。う~ん、この演奏はいいね!

いろいろなことに惑わされない。
ふっとすれ違っては、やっぱり好きなんだなと微笑みたくなるような。
そんな厳しいけどやさしい、自然と側にある僕のアルゼンチン音楽。
夜明け前にひっそりと、解き放つように聴いていたい。
[PR]
by sh2o | 2007-11-29 05:45 | Argentina