Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

Wouassi and Roots Band

a0023718_23275346.jpgWouassi and Roots Band
"Le ONDO ts pa toum"

カメルーン発、パリ経由東京行き。Vincent Wouassi Jr.という名の音楽旅行。
1994年にカメルーン国立オーケストラのドラマーとして来日。三味線の音に魅せられ、新内三味線の家元富士松菊三郎氏に弟子入り。その後名取となり富士松ワッシーとなる。そんな不思議?なワッシーの1stアルバムがこれだ。すべて東京のライブハウスでのライブレコーディング。ワッシーの三味線は実に不思議でいて自然なサウンド。ワッシーにとって三味線はアフリカの楽器コラの親戚のように思えたのではないだろうか。聴いていてACTレーベルからリリースされているコラ奏者Soriba Kouyatéのアルバムを思い出した。

ワッシーいいよ。バオバブ三味線!なんて言葉が思い浮かぶ。

しかし不満はある。日本で出会った貴重な仲間たちだとは思うのだが、いかんせんワッシー以外の演奏が「弱い」。"Soul Meringue"での中途半端にラテンなピアノ、そしてベースの迫力の無さはいただけない。"Soran Makossa"もやはり民謡歌手がよかったな。ブラジルのグループMAWACAのソーラン節も面白かったが、このバオバブ三味線ソーラン節も非常に面白い。ワッシーの三味線、パーカッション、ヴォイスのみで録音した"Shinnai Wind"の完成度が目立つようではちょっと寂しい。ワッシーのアイディア、指向が理解されてていたのかという問題もあるのだろうか?それともライブとアルバム録音演奏はまったく別物ということなのだろうか?ライブハウスでの録音ということでの音質の問題もだるのだとは思うが、ワッシーの演奏が面白いだけにもったいない。前述のSoriba KouyatéやチュニジアのDhafer Youssef(ウード片手にフューチャー&スピリチュアルJAZZ)なんてアフリカンな刺激は経験済み。既定の「ワールドミュージック」のりでは満足できない。

三味線片手にカメルーンのミュージシャンとの録音!または民謡歌手たちとの競演っていうのもありだろう。やっぱりパーカッションはインドのタブラ、サックスはやっぱりバリトン(低音が欲しい)または尺八やケーナ、ベースはダブルベースかなぁ。いや、ベースレスでマリンバやカリンバっていう手もある。でもチョッパーベースと三味線のバトルも聴きたいな…などなど期待は止め処ない…ってこれは自分自身が津軽三味線でやりたいことかしらん(笑)?そうだ!師匠の富士松菊三郎氏を連れてカメルーン録音っていうのはどうだろう?!

いずれにしても、こんな面白く楽しい音楽、ミュージシャンがいたなんて驚きだ。
ワッシーの三味線。是非生で聴きたい。
[PR]
by sh2o | 2007-11-30 23:30 | 三味線