Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

高木東六

テレビで昭和を代表する作曲家の一人、高木東六氏のことを放送していた。100歳記念演奏会?「すごい!」というよりも、失礼ながら「え~まだ生きていたの?」(本当に失礼ですね…)と思った。
何故高木東六氏かというと、私の通っていた小学校の校歌が高木東六氏の作曲だから。本人は作曲したことを覚えてないらしいが、6年間も歌いつづけた身としては、なんとなく覚えているというか体に染み付いている。「♪~しょ~がっ~こぉ~♪」懐かしいな…。
またまた失礼ながら、高木東六氏の代表作「水色のワルツ」などについてはまったく知らず。車椅子ながらいまだ健在という感じでした。
ボーっとテレビみながらのちょっとした驚きと懐かしさを感じたひと時でした。

http://www.geocities.jp/musica_arbrfr/
[PR]
by sh2o | 2004-07-20 14:25 | All Frontiers