Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

André Mehmari "...de árvores e valsas"

a0023718_14471396.jpgAndré Mehmari
"...de árvores e valsas"

Na Ozzettiとのデュオアルバム"PIANO E VOZ"Hamilton de Holandaとのアルバム"Contínua Amizade" 、ビートルズ曲集はあったが、純然たるソロ名義作品というと"Lachrimae"以来のアルバムになるだろうか。そうすると5年ぶりのソロ作だ。
2004年~2007年の間にAndreのホームスタジオEstudio Monteverdiにて録音された作品たち。 CDナンバーも「EM 001」。すべてがAndreの意思のもとに、正に枝葉まで行き渡り製作されたアルバムだ。

Andreは過去の作品でもマルチインスト奏者ぶりを発揮していたが、本作では更に殆どの楽器をみずから演奏。そして演奏のみならず、Andreの声が実にいい。Andreの長身ぶりを思い出す、実にゆったりと暖かい声。アルバムタイトル"...de árvores e valsas" は、" ...about waltzes and trees"という意味。そう。まるで彼自身が大きなワルツの木のようだ。風にゆれ光を浴び影を落とし、葉を茂らせ枝には鳥たちが集まり、樹下では様々な生き物たちが育まれては眠ってゆく。その決して同じでない繰り返しを見つめては、また己も、何処かに何かを置いて行き、そして何処かへ知らぬ空へと伸びてゆく。

ゲスト参加でがSergio Santosが抜群の存在感。実にAndreの音楽とマッチしている。この二人でのDuoアルバムが聴きたいな。

しかし、この世界観はすごいね。涙とともに震えてきちゃう。カエターノ、ミルトン、ジスモンチ、ショーロ、サンバ、JAZZ。そのすべてAndreという大きな木の下でオペラを繰り広げているような、そんな星空につつまれるような感動を味わえる。そう。Andreの世界が宇宙へと深化&進化したような作品だ。

このような音楽に触れることの出来る幸せ。
素晴らしいな、世界は。
音楽は



光は表と裏を透かしながら僕たちを惑わせる。
木の肌が触れると、目覚めたように僕は喉を振るわせる。
あぁこうして、僕たちは愛し合い、ただ緑の香りに酔いしれる。

ピアノの音が風の中へと誘う。
様々な楽器の行方を追い続けては、またアンドレのピアノへと戻る。
彼の声が聴こえる。

そう僕たちは
木漏れ陽に抱かれている。
僕たちは風とともに幸せになる。
そして踊りだす。アンドレのワルツにあわせて。
[PR]
by sh2o | 2008-04-24 14:44 | Brasileira