Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

Spinetta - Un mañana

a0023718_13511575.jpgアルゼンチンROCKの帝王Spinettaの新譜。
かっこいい!!この鋭さはなんだ!
この平行四辺形ジャケットはなんだ?!

やってることは何時もそう変わらないのに。そう。バンドメンバーは前作『PAN』と同じClaudio Cardone(keyboads), Sergio Verdinelli(drums) そして Nerina Nicotra(bass)。にもかかわらずこの激変ぶり。感じとしては『Para los árboles 』に似ているか。水中から水面を見上げるような浮遊感。空気の替わりに光を飲み込み力がみなぎるような。光合成?そうか!スピネッタは光合成ROCK!!

鍵盤奏者Claudio Cardoneが存在感たっぷり。3部構成の曲 "Canción de amor para Olga"ではClaudioのセンスが光る。また曲によりNicolás Ibarburu, Sartén Asaresi, そしてBaltasar Comotto の3人のギタリストを使い分けているのも面白い。 Nicolásはウルグアイ出身のようでFatorusoファミリー周辺での活動歴もあるようだ。
"Hombre de Luz"は父Luis Santiago Spinettaの詩をSpinettaが自身のキーボードをバックに謳いあげる。うっとり…男の涙だぜ!!!
そういえばこのアルバムには息子のDanteValentinoも関わっておりSpinettaファミリーによる作品といってもいいのかも。だからこの気合の入りっぷりか?タイトル曲"Un mañana "(インスト)以降は吐き出しそうなほどの真空状態。いやいやSpinetta禁断症状か…全編通してSpinetta狂気が染みとおっている。それに続く"Mi elemento"も名曲だ!誰だ、SpinettaをAORだなんて言っているのは!でも…そういわれてみればSteely Danっぽいなぁ。ギタリストを使い分けているところも共通している。もしや…スピネッタさんそのつもり?それでもやっぱり"Preso ventanilla"エンディングでのSpinettaのギターソロが一番かっこいいぃ!、『Para los árboles 』収録の名曲"Agua de la miseria"っぽいシタール調のサウンドが印象的でもある。

さてさて。聴いた後より、平行四辺形はSpinetta形と単語登録するべし!!!
a0023718_1646155.jpg

a0023718_16461026.jpg

[PR]
by sh2o | 2008-10-27 16:46 | Argentina