Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

カテゴリ:Argentina( 101 )

Tomás Gubitsch 5

a0023718_17501841.jpgアルゼンチン出身のギタリストTomás Gubitschの新作『5』

Tomás GubitschといえばSpinettaのグループInvisibleのギタリストとしてプログレ筋には有名だろうか。その後Rodlfo Mederosのグループに加入し、1977年にPiazzollaのグループのメンバーよして渡仏。Piazzollaのグループ脱退後は、Invisibleからの盟友Osvaldo Calóと行動を共にし、フランスのレーベルIDAよりデュオ作Gubitsch-Calo『Resistiendo a la tormenta』やソロ名義作『Sonata Doméstica』、Tomás Gubitsch Trio『Contra vientos y mareas』をリリース。その後はフランスのトラッドグループMalicorneのリーダーHugues do Coursonと組んでピグミー族の音楽とBachの合体音楽『Lambarena』(その後エジプト音楽とモーツァルトの融合作『Mozart in Egypt』なんてのも有り)や子供への音楽『Song of innocence』などを発表。その合い間に自己名義の通算4作目となるバレー音楽『Sans cesse』をリリース。

この『5』は5作目となるCD&DVDの2枚組アルバムでありキンテートによるアルバムだ。

Tomásのギターソロで幕をあけるCD。ここ数作ではプロデューサー/コンポーザーの役割が主だったので「待ってました」という感触。Tomásのハンマリングの後Osvaldoのピアノと影を踏むように入ってくる。そしてJuanjo Mosaliniのバンドネオンが影に血肉を与えるようにメロディを奏でる。Sébastien CouranjouのヴァイオリンがJuanjoの後に続き感情を備えていく。2曲目まではPablo Ziegler達の演奏のようなピアソラ以後の典型的な印象だがJuanjoのバンドネオンの色彩が鮮烈というか輝いて感じられる出色。4曲目からは徐々にTomás節全開か。Tomásのギターがプログレ魂?を取り戻していく。5曲目など「これはタンゴを演奏するクリムゾン?はたまたYES??」という印象を所々に感じられる個所を散りばめながらOswaldoのピアノは「俺達は俺達」という美麗なピアノで意識を取り戻させる。7曲目は疑うことなくTomásとOswaldoの世界から始まりを告げるとJuanjoの無限の色彩をもつかのようなバンドネオンとRenaud Garcia-Fos似のÉric Chalanのベースが世界に灯りを点す。これは素晴らしい曲。

さてさてCDもいいのだがDVDは更に素晴らしい。ライブとTomásのインタビュー(メイキング?)が収録されている。ライブは2005年8月16日にブエノスアイレスで行われたのもので、Tomásのなんと渡仏以来28年ぶりの凱旋帰国ライブだ。Tomásの興奮と緊張が他のメンバーにも乗りつっているかのようで取り分けJuanjoが硬い。それにしてもTomásの変貌ぶりとそれに対比するようなOswaldoのダンディぶりに驚く!2曲目の”Tango para Mr.Spock”が嬉しい選曲。Tomásのブラックレスポールが唸る~。そっかTomásってMr.Spockに似ている…。しかしこのDVDでの一番の見所はインタビューの間に挟まれるフランス・ナンシーでのライブの演奏だ。これがなんとも素晴らしい。2006年のライブであり、本編のブエノスアイレスでのライブ演奏よりも数段いい。より昇華熟成された冷静さと白熱ぶりのもたらす素晴らしい演奏。それが、ちょっぴ残念…。

Oswaldo、Juanjo、Sebastianは『オルタナティブ・ピアソラ』で来日しており、今度はTomás Gubitsch 5で是非来日を熱望!!!
[PR]
by sh2o | 2006-12-17 17:48 | Argentina

ここここれは!

a0023718_12104680.jpg
a0023718_12112450.jpg
Mono Fontana 『CRIBAS』 ついにでたか~!

THE KABUSACKI JÁUREGUI COLLECTION (DVD)
おお~~~!新年のライブで発売しているかな?
[PR]
by sh2o | 2006-12-17 12:11 | Argentina

Silvia Iriondo "OJOS NEGROS"

a0023718_1765862.jpg素晴らしい。

フォルクローレシンガーSilvia Iriondoの新作は、ますますスケール感を増すというよりも、広く透明に澄んでいくような印象。そう、前作『Tierra que anda』がGismontiのレーベルCarmoからリリースされたのはGismontiがただ単に惚れたからというわけではない。この透明感が似たような印象をもっているからだろう。余談だがCarlos Aguirreのアルバムが今やブラジルのECMとも呼ばれるNucleo Contemporaneoからリリースされているのも偶然ではないだろう。純粋なフォルクローレファンにとっては、この透明感は嫌味なものに感じられるかもしれない。でもそれはつんと済ましたものでも無ければ、とって付け加えたかのような白々しく漂うものでもない。Silviaから今生きている僕たちに届けられる体温が点った透明感。

そんなSilviaの肌を包むような温かく滋味溢れる声は変わらない。Quique SinesiとCarlos Aguirreも参加しているが、本作の透明感はピアノのSebastian Macchiにとることろが多き。そうLUZ DE AGUAという素晴らしいアルバムをリリースしたばかりの気鋭のピアニストSebastianだ。Sebastianのモダンなアレンジの中アルバムは進む。若干模範的というかもっと破天荒さがあってのいと思うが、控えめでありながら流れる水のようにその場所に無くてはならない空気を運んでくるSebastianのピアノは実に素晴らしい。Marcos Cabesazのマリンバも効果的だ。最終曲でのアンビエントな効果音の中響くSilviaの声は大地とか地球とかというよりも宇宙的な広がりと浮遊感を感じる。

実に素晴らしい。安息と澄み切った決意に漲る音楽。
[PR]
by sh2o | 2006-12-10 21:59 | Argentina
a0023718_15164355.jpgFernando Lerman, Ludmila Fernandez
"Oliverio Girondo, para que siga dando vueltas"


インスト、歌物それぞれ派手ではないが良質でこだわったアルバムをリリースしてるアルゼンチンのPAIレーベル。そんなPAIレーベルにして、更に意外な一撃。そんな一枚。
Fernando LermanはPAIレーベルのオーナーでありフルート奏者。過去にピアニストAbel Rogantiniとのデュオでアルバム"ASTITOR"をPAIよりリリースしている。そんなFernandoが今回パートナーとして選んだのがヴォーカルのLudmila Fernandezだ。

Ludmilaは過去にPAIレーベルよりアルバム"Ahora es el momento - Now's the time"を出している。このアルバムはNight & DayやCaravanなどのJAZZスタンダードを歌ったアルバムであまり関心を引くものではなかった。だから今作もLudmilaか~と思い購入をしばらく躊躇していたというか注文していたことすら忘れていた。だから届いたアルバムを聴いてビックリ!「え?」と思うほど1曲目から惹きつけられる。Ludimlaの声ってこんなに素敵だったっけ?Marta Gomezみたいで好みのタイプの声!しかもビッグバンド風のJAZZホーンがリズミカルに歌い上げる。これはイイ!のは当たり前か。トランペットはJuan Cruz de UrquizaそしてRichard Nant。サックスにはFernando Lermanは勿論のことMartin Pantyerという豪華布陣。トロンボーンのMaximiliano de la Fuenteはよく知らないがこの人もなかなか!

どうやらOliverio Girondoというアルゼンチンの詩人の作品を題材にしたアルバムらしい。何かコンセプトがあるのだろうか?とりあへずそんなことがわからなくても十分に堪能できる。Ludmilaのヴォーカルは本当に素晴らしい。Gerardo Gardeliniのピアノに導かれて歌う曲はとくに素晴らしい。Fernando Lermanもサックス/フルートで勿論参加している。Abel Rogantiniやパーカッション奏者Mario Gusso、ベース奏者Alejandro Herreraも参加。

誰にでもお薦めすることのできる、正に「本物」!最高です!!
[PR]
by sh2o | 2006-11-16 15:24 | Argentina

Maria y Cosecha "ESENCIA" 

a0023718_2111143.jpg音楽は魔法だ。フロレンシアはそう語った。そして僕にもそう思わざるを得ない数少ない時が訪れることがある。フロレンシア、アンドレ・メーマリ、そしてこのアルバムを聴いたとき。

Maria de los Ángeles Ledesma y Cosecha de Agosto "ESENCIA"

そう感じさせる源さえもはっきりとわかる。ピアノのPablo Fraguela。この奥深く青白い煌びやかな音はいったいなんなのだろう。そして涙が出そうなところでそれを掬い取っていくアルゼンチン音楽の広大な陽気さ。Georgina Hassanのアルバムで出会ったPabloのピアノ。目立たず、でもはっきりと心に足跡を残すその音は、雨上がりの道にのこる空からの光の軌跡、夕空にしがみつく陽光の残り香。

5曲目まではPabloのピアノを、止んでしまった雨の行方、暗がりに落ちた空の行方を追うように聴き入る。そして夢は突然覚める。そうこのアルバムは6曲目でなにからもその心を剥がして目を覚まさせる。Georgina Hassanの曲"Memoria de rio"。血液から出てくるような声はあまり好きじゃない(かといってそんな血の流れが聴こえないと不満なのだが)。フォルクローレの歌い手たちや、このMaría de los Angeles Ledesmaもそういうタイプの声だ。でもこの曲でのMariaの声はブラジルの素晴らしい歌手Momoca Salmasoを想起させる。アコーディオンやパーカッションの響きなどOrquestra Popular de Camara。その後もMariaの川面を流れる風のような声は髪の毛をかきあげるように心の中でそよぐ。

パーカッションのMatías Furióの緩急強弱の見事な演奏。森の中の音、雑踏の音が聴こえる。隙間から滲んでくるようなRicardo Cánepaのコントラバスのアルコ。それらを束ねてはゆっくりと解いていくPedro Furióのギター。

惹きつけられる本、余韻すら手放さない音楽。それらに出会ったときは危険だ。その時、何かが現われ変わり消え忘れ始まる時だから。

このアルバムは何を残すだろうか。
それが何であろうと、それはきっと永遠に消えることは無く、心の一部として緩やかに留まる。
[PR]
by sh2o | 2006-10-03 21:13 | Argentina
a0023718_20355850.jpgスウェーデン人チェロ奏者Beata Söderbergの2ndアルバム"BeSo"

ブロンドのこの美貌は正にタンゴ界のシャラポワ?そんなことはどうでもいい。とにかくカッコイイ。Beataのオリジナル曲を直球一本でぐいぐい押し込まれるような感じ。それは小気味いいJosé Luis Colzaniのドラムによるところが大きい。Beataのチェロは、艶かしい瑞瑞しさを発散させる。それはあたかもBeataと重ねるkissのよう。タイトル"kiss=BeSo"はBeata Soderbergのイニシャル。そうBeataの音楽を聴くことは、彼女とkissするかのよう。

とは言ってもまだまだ荒削り。いささか一本調子で配球が読めてしまう。このまま威力ある速球に磨きをかけるか、はたまたとんでもない変化球で勝負するか?個人的には強烈なスピンを加えた超高速ライズボールで勝負してほしい。胸が火照るほど息苦しくなるくらいのキスで舞い上がる体。それでいて瞳の奥は一歩先を読みきろうとする薄氷の輝き。

激情を操る瑞瑞しさ。それがBeata Soderberg
[PR]
by sh2o | 2006-10-02 22:36 | Argentina

Georgina Hassan "Primera Luna"

a0023718_17442988.jpgブエノスアイレスのMarta Gomezといってもいい美声の持ち主Gerogina Hassanのデビューアルバム"Primera Luna"。
コロンビア出身でNYCで活躍するシンガーMarta Gomez自体がそう巷間で話題になる知名度ではないだろうから、この例えはどうかとも思うが、そう言いたくなる温かみのある声。しかし声の中にどこか冷たい海風のような寂しさを感じさせるところがGeorginaの個性か。
アルバム1曲目が鮮やかに目を覚まさせる。「久しぶりにいい曲を聴いた…」そんなことを思わず呟かせる。Pablo Fraguelaの繊細なピアノに導かれるケルトかポルトガルのシンガーを思い起こさせる断崖のGeorginaの美声。それはもちろんガリシア地方のトラッドであり、プログレファンには馴染みのあるシンガーUxiaの曲だからなのだが、それ以上にGeorginaの声と上昇気流を描く弦楽器の間奏が織り成す音空間は、プログレファンは絶叫間違いなしの涙の展開。爽快な驚きと感動。
その後も自作曲を交えながらメキシコ、ヴェネズエラ、チリ、ブラジルそしてアフリカの曲たち丁寧に歌うGeorgina。それを息のあった演奏が、染み込む涙のあとを綺麗にかき消すような、湧き出す涙を零れ落ちないように留まらせるような、絶妙のサポート。なるほどどうやら彼らはシンガーMaría de los Ángeles Ledesmaのバックを長年つてめている仲間たちのようだ。
蛇足だがGeorginaの父はアルゼンチンのヴォーカルグループOPUS CUATROのメンバーAlberto Hassanだ。そんな父AlbertoもKevin Johansson作の曲で娘とデュエットしている。OPUS CUATROはLito Vitaleとの共演などもあるベテランコーラスグループだ。
このCDはエンハンズドCDでプロモビデオを見ることできる。またGeorginaのblogで素敵なライブ写真を見ることができるのでそちらもどうぞ!

アルゼンチンだけでなく、Georginaの美声は世界中で受け入れられることだろう。注目!
[PR]
by sh2o | 2006-10-01 17:45 | Argentina

Sinesi-Moguilevsky "Solo el rio"

a0023718_1552488.jpgまるで部屋に穴が開きそこにやさしさが吹き込まれているかのようだ。Marcelo Moguilevskyクラリネットの響きが体の存在を知らしめQuique Sinesiギターの奏でが心のありかを確かめる。

確かにQuiqueのギターファンにとっては物足りないところがあるかもしれない。斯く言う僕にしてももっと弾きまくり知らないQuiqueを見せ付けてくれるような演奏も期待したいところだ。でももっと耳を側立ててみよう。太い大きな木の幹と枝の佇まいのようなMarceloのクラリネットや笛の陰で、風と光のように自由に舞い駆け留まるQuiqueのギターのなんと鮮烈で清新なことか。

QuiqueMarceloのデュオにとって2枚目となるこのアルバム"Solo el rio"。 曇り空の下で聴けば青く流れる大気を感じ、青空の下で聴けば白い雲の流れ行く先を感じることができる。こういう音楽が近くにあるといい。そう心から感じさせてくれる貴重でかけがえの無い大好きな音楽。
[PR]
by sh2o | 2006-10-01 15:58 | Argentina

Carlos Cutaia

元Pescado Rabioso、元La Máquina de Hacer Pájarosのベテラン鍵盤奏者Carlos Cutaiaの最新作『Sensación Melancólica』と前作『Para la guerra del tango』。これがすんばらしいタンゴJAZZ!凡百のタンゴ風味のJAZZやフューチャー・タンゴなんか問題にしない円熟と貪欲さが見事な斬新さを生み出している。

a0023718_1212359.jpgまずは2005年のカルロス・ガルデル賞"Tango - Nuevas formas"部門の受賞作『Para la guerra del tango』。Carlosのピアノ、ドラムスにDaniel "Pipi" Piazzolla、ベースはCarlosの息子Ezequiel Cutaiaというトリオ編成に、今もっとも評判の高いタンゴシンガーLiliana Barriosが全編に渡り参加している。Carlosはスピネッタやガルシアとの活動後はシアターやフィルムの仕事がメインであったようで、そうした情景描写に秀でた完成が、単なる「試み」としての音楽製作だけに終わらない、一枚の作品としての完成度を高めている。またLilianaの力強く情念深い声が、演奏のスタイリッシュさとうまく溶け合い、絶妙の体感温(音?)度を感じさせてくれる。Carlosのピアノタッチは力まず前のめりになりすぎず、輪郭のはっきりとした潮の満ち引きを思わせる演奏。4曲目の""が特に素晴らしい。ここれのLilianaの歌とCarlosのピアノのコラボレーションは氷に注がれた炎。内に秘めたドラマチックさがいったん火のついた快感をさらに高める。

a0023718_1152774.jpgそして最新作『Sensación Melancólica』。前作同様のピアノトリオにバンドネオンAlejandro Guerschberg、ヴァイオリンLuis Roggeroを加えたキンテート編成。Liliana Barriosも数曲で参加。そしてCarlosのもう一人の息子Lucas Cutaiaも音響/プログラミングで参加している。EzequielとLucasはGordöloco TrioのドラマーRodrigo Gómezと一緒にOPEN 24というFUNKROCKPUNKユニットで活動している。このアルバムに感じるJam Band風味や最近流行のJAZZピアノトリオ的な演奏のにおいを感じるのは息子たちの影響によるものだろうか。それにしてもCarlosのピアノは変幻自在というか味わい深い。Daniel "Pipi" Piazzollaのドラムスはどこをとっても"Pipi"の演奏でその演奏はどこか押し相撲の力士のように感じる。猪突猛進華麗なる電車道かと思えば、突然目の前の視界が消え去る突き落とし。「大瀑布」って感じ~。アルバム終盤の2曲でLucas Cutaiaのエレクトロ・タンゴを意識したアレンジをバックにした、Daniel Melingoがその歌声が聴ける。そしてRichard Nantのトランペットが時の流のように儚く流れていく。小手先の「未来」なんてサヨウナラ。アニメーションや特撮ではない、靴先をかすめる未来の一瞬がはっきりと見える。
タイトル曲はCarlos自らのオーケストラのために1984年に書かれたものらしい。また他のインスト小曲はTV番組やフィルムのために書かれたもののようだ。

Carlosのような大ベテランが第一線とは言えないにしても、未だ自分の音楽を貪欲に作り上げていこうとする姿勢に感服敬愛するとともに、某国の音楽シーンに暗澹とする。
[PR]
by sh2o | 2006-07-27 11:48 | Argentina

Roy Elder "MELTER"

a0023718_163634.jpg英ロイヤルカレッジや米Berkleeで学んだというサックス奏者Roy Elder。アルゼンチン人なのかどうなのかは不明。これまでLiliana Herreroの数作のアルバムや、サントラ盤『EL VIAJE』にその名を見つけることができる。リーダー作はこれまで2作あり、本作は1999年リリースの2ndアルバム。
Lapo GessaghiのギターとFacundo Guevaraのパーカッションのサポートを得て、クチ・レギザモンやユパンキ、ラウル・カルノータなどのフォルクローレ名曲達を演奏。Facundoは最近はひっぱりだこのパーカッション奏者。LapoはNito Mestreのバンドなどで活躍してきたギタリストだ。さらりと風に舞うようだが、どこか都会的な洗練された雰囲気。アンデスを見渡すコテージで聴いているような感覚かな。地~味なアルバムだが、このまま何も語られずにいるにはもったいない内容。ユパンキの名曲"Luna Tucmana"が泣かせる。ベタつかず、あっさり聴き流されることもない、適度な感触が絶妙。こういうのも一つの才能。
[PR]
by sh2o | 2006-07-14 16:35 | Argentina