Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

カテゴリ:Argentina( 101 )

Renewal

a0023718_100323.jpg
フロレンシアのHPデザインがリニューアルされました!
新譜CORRERカラーのグレイを基調にしたデザインで素敵!!
"Florencia Ruiz"て書いてあるのわかります?
どうぞ見てあげてください~。

こちらもよろしくです。
[PR]
by sh2o | 2005-11-30 10:18 | Argentina
musicargentina
Cecilia Zabala
guitarra, voz, composiciones, arreglos
a0023718_14552751.jpg

Jueves 24 de Noviembre - 21 hs
Centro Cultural Casa del Sur
Av. Diaz Velez 4271 - Ciudad de Bs. As.
Entrada $6 (incluye una picadita)
[PR]
by sh2o | 2005-11-23 14:58 | Argentina

Andrés Ruiz "AMULETO"

a0023718_1654548.jpgFlorencia Ruizの弟Andres Ruizの1stソロアルバム(Demoが1枚あるみたいだけど)。
これがすごくいい!1曲目の冒頭。アルペジオとAndresの背中に漂うヴォーカル。Puente Celestを初めて聴いたときのの衝撃を思い出し!。Andresはギター、ヴォーカル、ドラムス、キーボードとマルチ奏者として大活躍。キーボードによる音響センスなんてなかなか。Hernan SchnaiderやIgnacio MargiottaらのFlorenciaのバンドメンバーも参加。Florenciaのアルバムでは聴くことのできないギターサウンドを聴かせてくれる。これもまたカッコヨシ!Sergio Merceのサックスやトランペット、フルートの入る曲もあり、Florenciaの新譜CORRERでのホーンアレンジの感覚とも似たところがあり非常に興味深い。
Spinettaの冷徹な激情の片鱗、Puente Celesteの天地が逆転するような浮遊感。アヴァンギャルドな匂い、微かにプログレッシブな印象。シンプルなサウンドの中に、絶妙な音色の選択。街に散らばる小石いくつかを拾い上げ、空に放り投げた偶然の放物線と道に響く予期せぬリズム。これはずばり逸材。今年一番の驚きかも!
[PR]
by sh2o | 2005-10-30 16:53 | Argentina

FLORENCIA RUIZ "CORRER"

a0023718_954722.jpg

フロレンシア・ルイス3部作の最終章CORRER。そして言うまでも無く最高!!!
CENTRO、CUERPOそしてCORRERと頭文字Cで6文字であることにこだわり、7曲、9曲、11曲と収録曲数にも、秘めたこだわりをもって製作されたCORRER。製作前の準備から録音、ミックスダウンと逐次いろいろと連絡をとりあっていたので、それが手元にあるのだと思うと涙がでそうになってくる。。。

自主制作であることに今までと変わりないが、Charly Garcia、Fito Paez、Soda StereoやAndres Calamaroのプロデューサー・エンジニアも務めたMario Breuer、やFito PaezのアレンジャーCarlos Villavicencio、そしてPORNOISなど友人達手を借り、サウンドプロダクションとしても最上のものになっている。それより何よりもフロレンシアのアーティストとしての成長、自信が感じられるのが嬉しい。とくにフロレンシアの声が全然違うよ!今回は自室で殆どのパートを録音したことも関係あるだろう。リラックスしながら内面を深く温かく見つめながら。繊細な女性が夢想の箱庭の中にある回転木馬から降りて、全身に温かさを感じながら。目の前に広がる眩しい野原へと駆け出した。そんな気がする。

1曲目のCORRER。以前ライブでの音源を聴かせてもらった1st、2ndには無いテンポのいい曲。正に「Correr=駆ける」って感じ。Andresの鼓動のように小気味いいドラミングにのり、弾ける小石のようなアルペジオ。フロレンシアによるMartin Morronより譲り受けたKORG TRINITYの微風の中を舞っているような音響が効果抜群。三部作最終章冒頭に相応しい、これはいい曲~。録音はHernan Schnaider。

2曲目はHasta la primavera。Carlos VillavicencioとPORNOISのメンバーSebastian Landro(Sebas)が参加。この曲もフロレンシアのアルペジオによって導かれる2nd"CUERPO"の延長線上にある曲。バンドとのライブを通して作り上げたフ
ロレンシアの音風景にVillavicencioのアレンジが絶妙にマッチ。PORNOISのSebasの作る音空間"Grande Chapota"(フロレンシアとIgnacio Margiotta=Nachoのギターのサンプリング)の中、フロレン
シアの声がくっきりと浮かび上がる。

3曲目はフロレンシアのお気に入りMojandote、4曲目はMundoは、フロレンシアの弾き語り。これぞフロレンシアStyleという曲。

5曲目のNube。僕の大好きな曲。フロレンシアの管楽器のアレンジがこのアルバムの大きな聴き処の一つだ。去年の10月からフロレンシアはNube=雲の新しい色を見つけるためにホーンアレンジを試していた。これがその「色」かと思うと感動も新た。陽の光をいうっすらと映し、光の束をそっと手にかざす。その温かさがNube=雲。Sebasの音響効果も素晴らしい。BsAsの古い町並み、ゆるやかに流れるラプラタ、雨上がりの立ち並ぶアパート。雲を透す陽光が心地いい。
サックスのSergio Merceはエクスペリメンタル・ミュージックシーンで活躍するサックス、エレクトロニクス奏者だ。同じくアルゼンチン人のピアニストGabriel Paiukとヨーロッパのフェスティバルにも積極的に参加している。SergioはPORNOISのアルバムにもゲスト参加しており、またフロレンシアの弟Andresのアルバム"AMULETO"にも参加しており、このCORRERへの参加もそこからの流れだろう。

6曲目Migajas。フロレンシアのスパニッシュギターが聴ける。彼女のアコギの音色も素敵!だんだんと折り重なっていくギター(9 Guitarsらしい)の音色が、景色と感情と記憶の重なりを見ているよう。雑踏から静かな列車にのるように聴こえる効果音。

7曲目はIntemperie。ピアノとフロレンシアの声のみのデュオによる美しい小品。

8曲目Lugar。フルート、クラリネット、チェロ、ヴァイオリンとフロレンシアの声によるクラシカルな映像的アレンジ。それをPORNOISのメンバーLucas Totino Tedescoがミキシング。壮大というより街の公園を気持ちよく散歩しているという雰囲気。最後は未知の混沌に出会ったような驚きと喜び。もちろんMario BreuerやVillavicencioの助言もあっただろうが、フロレンシアのこれまで学んできた成果?かと思うと妙に嬉しい。

9曲目はフロレンシアとPORNOISのSebasとのデュオDesato。恐らくアルバム中最後に出来た曲だろう。フロレンシアの弾き語りをSebasがPORNOIS風にアレンジ・ミックスという感じだ。PORNOISっぽいPopなエレクトロ風味も聴けていいアクセントになっている。

そして日本のファンには嬉しい10曲目Vivir。フロレンシアの友人ミツコさんの日本語の語りが入っている。曲自体もフロレンシアとNachoの2本のギターによる演奏アレンジがとっても素敵だ。フロレンシアのヴォーカルも頬にキスされているかのような爽やかさ。さわやかな後書きが残されているような曲構成も素敵だ。

ラスト11曲目はNijin。Isabelasnachoがヴァイオリン(loop)で参加。フロレンシア曰く「NIjni talks about a child sensation」とは?Lugarでも演奏しているもう一人のヴァイオリン奏者Javier Cardenasは1st"CENTRO"にも参加している。消え入るヴァイオリンとヴォーカルが恥ずかしそうに走り去っていく少女の残す香りのよう。


雲間から射す光のような神秘的な立体感と輝き。CORRERにはそれを感じる。
ロシア文学の最後に書き表されているかのような、微かに揺れ動く希望。回転木馬で永遠に回り続けるような夢想。
それらは今、窓辺で微笑む一人の女性の鼓動として響き始めた。心地いい振動をわたしの胸にも。
手を取り合って駆けるその体温が風の中で温かい、CORRER。。。
一緒に駆け出して育む。そんな喜びがあふれるCORRER。

そしてありがとう。フロレンシア。あなたの音楽を愛しているよ。
a0023718_9535723.jpg

[PR]
by sh2o | 2005-10-29 09:55 | Argentina
a0023718_2111275.jpgJuana Molinaのサウンドコーディネーター、はたまたアルゼンチン音響派の代名詞であるAlejandro FranovのNew Albumはピアノソロアルバム。
様々な楽器を使っての音空間が取りざたされるが、彼の音楽にあるひそやかな旋律の美しさがいつも気になっていた。それは前作"OPSIGNO"でもちらほら聴くことができたが、このアルバムでは全編堪能できるのだから嬉しいことこの上ない。John Cageの言葉が引用されているが、Jazzでもクラシックでもない温かい静かにゆっくり流れる小川のような音が、ピアノ小品によって響いていく。ブエノスアイレスのスウェーデン教会で北欧の生まれのグランドピアノのMalmjo(マルムシュー)がこの上の無い柔らかい光を投げかける。こういう音楽が根っこにあるから彼の音楽には、夢の軌跡と森のざわめきが同居するんだ。
録音はSantiago Vazquez。リリースはMDR Records。MDR Recordsは今度 Leo Bernstein、Marco Sanguinetti 、Manuel Ochoa、Nicolás Guerschbergの 4枚のピアノアルバムをリリース予定らしい。へ~、楽しみ!
[PR]
by sh2o | 2005-10-25 21:31 | Argentina

CORRER is HERE!

a0023718_89023.jpga0023718_9184368.jpgFLORENCIA RUIZ "CORRER"
Correr
Hasta la primavera
Majandote
Mundo
Nube
Migajas
Intemperie
Lugar
Desato
Vivire
Nijin

FLORENCIA RUIZ "4 songs" (Private CDR)
ANDRES RUIZ "AMULETO"
MARTIN MORRON "Trampas Deluxe"
PORNOIS "Ilumina Al Mundo"
CLAUDIO SCHULKIN "Piano Composicion"

昨日フロレンシアから届いたCD。
もう嬉しくてしょうがないのと、CORRERの素晴らしさとフロレンシアの音楽の広がっていく様が、体中にこみ上げる。一部日本語が登場しちゃったりして!

そしてフロレンシアの弟アンドレスのCDが予想以上に素晴らしい。これはいいよ!

詳細は近々UPします。

「Gracias」にもクレジットしてもらっちゃいました…うれしすぎ。ブログのURLまで!!!
フロレンシア嬉しすぎ。大好き!
[PR]
by sh2o | 2005-10-24 08:10 | Argentina

10月4日

a0023718_12314184.jpg

2005年10月4日
4 Octobre!

Florencia Ruiz 3rd Album 「CORRER」がBsAsでついにリリース!!!
楽しみだな…あ~もういてもたってもいられないよ!!!

[PR]
by sh2o | 2005-09-22 12:32 | Argentina
a0023718_1561716.jpg以前紹介したCD、Lito Vitale Quinteto “Vivo en Argentina”のDVD版。
うふふ…も~最高!出だしのLitoのお姿の変わりようというかカミングアウト?に少し驚くけど一切関係なし。2曲目"Cuentos de la media luna"でのVictor Carrionのフルートに涙腺が緩む。やっぱりいいな…Lito。このインディオ系?の顔立ちVictorがなかなかいい。この人いいかも。
で、Juan Belvis(guitarra), Juan Pablo Rufino(bajo), Martin Gonzalez(bateria)の若衆3人組。Juan&Juanコンビが怪しすぎ!とくにJuan Pablo Rufinoはやばいぞ!Marcelo Torresは演奏中の動きが怪しかったけど、こいつは雰囲気が「ヤバ」そう。Litoの甥っ子Juan Belvisは堅実な演奏。やはりピック弾きなのが好き嫌い分かれるかもしれないが、とくに違和感は感じなかった。
しかしこのQuintetoはいいね!"Los cambios necesarios" そして"Ese amigo del alma"目の前で聴きたい!DVDでも涙きそう。ふふふ。。。一緒に見てくれた人、ご苦労様。ありがとう。
[PR]
by sh2o | 2005-09-10 15:07 | Argentina

いよいよ明日!

a0023718_21591353.jpg
明日8/19!国内盤CD"Cuerpo + Centro"発売です!!
一家に1枚と言わず、3枚5枚7枚いっぱい買って皆に配ってください~!
Towerの冊子bounceにもフロレンシアのインタビュー掲載予定です!こちらも必読!
[PR]
by sh2o | 2005-08-18 22:00 | Argentina

Eloisa Lopez En vivo

a0023718_16371527.jpgSabado 6 de agosto, 20 hs.
NUEVO SHOW Presenta temas de su nuevo album "EL"
C.C. Carlos Gardel (Olleros 3640, Cap. Fed.)
Entrada libre y gratuita
junto a Joaquin Franco (bateria) y Ariel Fligman (bajo)

Domingo 7 de agosto, 19 hs.
Performance audiovisual en FUGA JURASICA
(Festival de arte experimental electrico)
Museo Argentino de Ciencias Naturales B. Rivadavia.
Angel Gallardo 490 Cap. Fed. - Entrada: dos pesos
[PR]
by sh2o | 2005-08-03 16:40 | Argentina