Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

カテゴリ:Brasileira( 59 )

a0023718_1646026.jpgcyz(サイズ)ことCynthia Zamoranoの2ndアルバム。
数年前Beco Doranoffのコンパイルした”"Caipirossima"で始めて出会ったcYz(この頃はこの表記)。収録されてた曲"Zumbi"は衝撃のマラカトゥドランベに対比するようなCynthiaの美しい声に速攻参ってしまった。丁度Latina誌でそんな最新ブラジル北東部(レシーフェ)音楽特集が載っていて確かCynthia Zamoranoの名前もそこにはあった。その後暫くしてPrecyz名義のアルバム"Precyz"をゲット。Cynthiaの1stソロというよりは実質Joao Roquetteとのデュオ作か。ポルトガルのOff The Recordからのリリース。Joyceの名曲"Baracumbara"でのCynthiaのボーカルが卒倒ものの素晴らしさたったが他は凡庸なブラジリアン・エレクトロ・ジャズという感じでピンとこなかった。
そして申し訳ないが忘れた頃に届いたのがこの "littlefishdublongwaterssamba"。こりゃ~いいよ!初っ端のタイトル曲 "littlefishdublongwaterssamba"は今流行りのブラジリアンクラブミュージック風で?と思いきや、Cynthiaの青空のパレオが舞うようなキュートなヴォーカルが凡百の輩との差を見せ付けるぜ!この曲にはFred 04参加。なるほどね~。続く"que samba"にはZeca Baleiroがゲスト。3曲目には何とGilberto Gil。そして5曲目には盟友DJ Dolores。そして故郷レシーフェからはDona Cila Do Coco!全体的にCynthiaのキュートなヴォーカルをメインにリオ、レシーフェのミュージシャンが完璧なサポート。日本盤もWard Recordsから発売になっているがあまり話題に上ってないみたい。もったいない!ブラジリアンミュージック通にもクラブミュージク好きにもこんなに「楽しい!」と思わせるアルバムは無いのに!!そうだよ。この楽しくて爽快な感覚はJoyceに似てる!
熱気を帯びたフロアに夜風が月明かりを運ぶ。青空のパレオが舞い降りる。フロアを満たした愉悦の海にcyzのシャンパンヴォイスがやさしく響く。泳ごうよ、"littlefishdublongwaterssamba"を。
[PR]
by sh2o | 2005-02-06 16:47 | Brasileira

Alejandro Franov Trío Acústico

1/7、24、31にBsASでこんなライブが。

Alejandro Franov Trío Acústico

Alejandro Franov: Piano
Diego Wainer: Contrabajo
Fernando Pepi Marrone: Batería


V i e r n e s 7 d e E n e r o, 2 2 h s . e n T h e l o n i o u s B a r,
Salguero 1884 Palermo. valor de la entrada: $10
L u n e s 2 4 y 3 1 d e E n e r o, 2 2 h s. e n N o t o r i o u s,
Callao 966. valor de la entrada: $ 10

アレフラのピアノトリオ!みたい!!
[PR]
by sh2o | 2005-01-08 06:01 | Brasileira

Chico Saraiva  "Tregua"

a0023718_1430581.jpg第6回Premio Visa Awardの受賞者でヴィオロニスタChico Saraivaの2ndアルバム。サンパウロの豪華オールスター勢ぞろい。1st"Agua"はインストアルバムとしては聴き応えがあったもののいささか地味な印象だったが、この2ndではNa Ozzetti,Ana Luiza,Teresa Cristina,Siba,Ceumarそして今もっとも注目のLuciana Alvesらシンガーを迎え、更にLuiz TatitやManu Lafer、Celso Viaforaの詩を落ち着きのある曲を堪能させてくれる、どこかChico Pinheiroのアルバムのアコースティックバージョンといった風情。
Lucianaの官能的で思慮深い光に満ち溢れた泡のような歌声はやはり素晴らしい。ソロアルバムが待ち遠しい。もはやMonica Salmasoよりもいいと思うのだけどMonicaとAndre Mehmariのコンビのようなパートナー次第というところか。Simone Guimaraesの歌声も気に入った。
なかなかの好作なんだけど前作同様どこか決めてに欠ける。インスト曲があまり全体のアクセントになっていない印象。もっとインスト曲では冒険してもいいかも。
[PR]
by sh2o | 2005-01-07 18:00 | Brasileira
a0023718_16222212.jpgあけましておめでとうございます。

2005年初っ端はDaniel taubkin。いわずと知れた?名ピアニストBenjamin Taubkinの弟?の多分3rdアルバム。1st"BRAzSIL"にはGismontiほか多彩なゲスト。Daniel Taubkin & The Uandi Uandi名義の2nd"A Picture of Your Life"はなんかよくわからんPopRockアルバムだった。で、本作はなんとArrigo Barnabeへのオマージュ。というかArrigo本人がピアノで参加。BenjaminのPianoいいな~。非常にいい。草木と星座をめぐる夜風のような冷たさと静けさが麗しい。年末ゲットしたのだけどゆえあって(単の恵比寿マモノ屋さんに忘れてきただけ…)今頃聴くことができた。あ~今聴けてよかった。年末の慌しさの中ではこの美しさは理解できない。
Arrigoの曲ということもあってTuca Fernandes e Quinteto Delas “LUAR”に雰囲気が似ている。白と黒がもつれ合い切り捨てあい形作る美しすぎる異形の夢。
Andre Mehmariの"Canto"のグラフィックも担当したTeresa Taubkin Maitaのアートワークが素敵。 Teresa本人も素敵~。

今年もよろしくお願いします。
[PR]
by sh2o | 2005-01-06 19:30 | Brasileira

A Outro Cidade

Kristoff Silva, Makely Ka e Pablo Castro "A Outro Cidade"
a0023718_11133961.jpgミナスからZe Miguel Wisnikを思わせるサンパウロ地下水脈溢れる都市音楽の登場。
KaristoffはAlda Rezendeの1stアルバムのギタリスト&コンポーザーだった人物。Markelyも詩を提供している。そうAldaの1stアルバムが好き人なら間違いなく気に入るはず。ビードルズ、Arrigo Barnabe、Bossa、ミナス。それらの要素を併せ持つ楽曲たちをAlda Rezende、Marina Machado、Regina SpositoそしてAmarantoらに歌わせるというなんとも私好みの豪華さ!
噛み締めるたびに舌は砕け再生し、より深い味わいをもたらす。そしてまた違う味わいを求めてさらに街を彷徨うとしよう。
[PR]
by sh2o | 2004-12-12 11:18 | Brasileira

Wonkavision

a0023718_1637494.jpgブラジル南部ポルトアレグレのバンドWonkavisionのデビューアルバム。ギタリストで殆どの作曲を手がけるWillを中心にヴォーカルのGrazi、キーボードのManuそしてドラムスのKikoの4人組。も~若さ溢れる青春Power Pop。Power Bossaとも呼ばれているそうだ。WillのハードドライヴィンギターにManuのmoogがミュイ~ンと心地いい感じは「Fether Pop」なんて言いたくなる。
実はこのCDはWonkavisionのキーボードのManuにもらったもの。ありがとうManu!Muito Obrigado Manu!!
Porto Alegreのbeach partyでWonkavision…最高なんだろうな~。もちろんchimarrão飲みながら。。。
[PR]
by sh2o | 2004-11-07 16:55 | Brasileira

ミナス2題

a0023718_23484888.jpgミナスものを2枚紹介。
1枚はFlavio Henrique "Presepio Cantado"。
内容は宗教的なクリスマスものなのか、ちょっとわかりませんが、音楽も非常に美しく穏やかにながれる。Amaranto,Marina MachadoやAlda Rezendeらのヴォーカリストが1曲ごと参加。AmarantoとAlda Rezendeの熱狂的ファンの私としてははずすことのできないアルバム!後半を費やしすべての曲の伴奏を収録(カラオケ?)。「みんなで歌って祝う」そんなアルバムなんだろう。大切な人と頬を寄せ合い聴いていたい、そんなアルバム。

Telo Borges "Vento De Maio"
ミルトンと来日したことも記憶に新しいBorgesファミリーの一員Teloのアルバム。"O Poder Magico"の前作にあたるらしい。ソーダ飴がはじけた青い空…甘い香りが風にのり、忘れていたあの時の笑顔を思い出させる。あなたの笑顔と私の言葉が一つになった時、ソーダ水の雨がやさしく顔を濡らす。
涙も甘く花の香り、ミナス。
[PR]
by sh2o | 2004-10-16 23:49 | Brasileira

Adventure Music

a0023718_21315648.jpga0023718_21332286.jpg
ブラジリアンJazzやインスト音楽をリリースするレーベルAdventure Music。NYCに居を構え、オーナーはロシア系のRichard Zirinsky.Jr。既発のアルバムとともに自身の企画によるiアルバムの両方をリリースしている注目のレーベル。
そのAdventure Musicからの新譜2枚。1枚はピアニストWeber Iago "Os Filhos Do Ventos(Children of the wind)"とClaudia Villela with Kenny Warner "Dreamtales"。
Weber Iagoの方は1999年録音のもので既発の物の再リリースかどうかは不明。しかしOregonの管楽器奏者Paul McCandless,
Caito Marcondes,Rogerio Botter Maioらが参加の美しいブラジリアンJazz。アルバムタイトルにもなっている組曲"Os Filhos Do Ventos(Children of the wind)"は何かGismontiのコンセプトアルバム以来久しぶりに味わう感動。
Claudia Villelaの新譜はこれまた最高!のブラジリアンJazzヴォーカルもの。今やLuciana SouzaかAlda RezendeかClaudiaかと言いたくなる出来。インプロヴィゼーションの部分も多々あり、Maria JoaoとMario Laginhaのデュオにちょっと似ている。

この2枚はAdventure Musicの代表作間違いなしの傑作。秋の気配とともに皆様にも。

http://www.geocities.jp/musica_arbrfr/
[PR]
by sh2o | 2004-10-10 21:55 | Brasileira

Alda Rezende "Madrugada"

a0023718_22265613.jpgミナス出身のシンガーAlda Rezendeの2ndアルバム。
前作"Samba Salto"は地元ミナスのミュージシャン達の曲をハスキーヴォイスで脳内に低音火傷を起こすMPBだった。で、まちにまった新作はなんとJazzアルバム。もともとJazzシンガー達に影響を受けJazzをよく聴いているといっているし「Jazzアルバム」は充分に納得できるが、問題はその内容。すばり、これが最高にsexyでmoodyでインテリジェンスなJazzヴォーカルアルバム。ニュージーランドのピアニストJonathan Crayfordとパーカッション奏者Andre"Limao"Quierosというシンプルな構成はLuciana Souzaの新作を思い起こさせる。意図的にJazzスタンダードをはずしChico BuarqueやJose Miguel Wisnikらの曲をAldaの低音ハスキーヴォイスが歌い上げる。Nina Simone、Alaide CostaそしてMaria Marquezを思い起こさせる。"Besame Mucho"なんてクリスタルに潜む黒い痛みのように乾いた心にしみこむ。
アルバムタイトル"Madrugada"、夜が後姿を見せ、まだ朝はその姿を現さない時間。
さっきの行った夜を思い出しながら、だ誰もいないBarでもう一杯重ねようか、濃いコーヒーで頭を痺れさせようか迷う。「夜更け」という言葉に相応しいJazzヴォーカルアルバム。

Alda Rezende Site Official

http://www.geocities.jp/musica_arbrfr/
[PR]
by sh2o | 2004-09-25 22:27 | Brasileira
a0023718_21395499.jpgRio Grande do SurはPorto Alegre出身のAdriana、2002年のデビュー作。
ロックフィーリング溢れるアレンジが素晴らしいMPB作品となっている。これはライブが是非見てみたいな。
同郷のVitor Ramilの曲や、"Samba Tango"とか"Cha Cha Cha Moderono"といった曲がPorto Alegreを感じさせて面白い。また、ヨーロッパ的、Patricia KaasやUte Lemper みたいな雰囲気も感じられるのがすごく魅力的!

Adriana Deffenti Site Official

http://www.geocities.jp/musica_arbrfr/
[PR]
by sh2o | 2004-09-23 21:48 | Brasileira