「ほっ」と。キャンペーン

Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

<   2004年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

a0023718_2185660.jpgMaria Schneiderの限定生産新譜。Luciana Souzaが参加ということで速攻GET。しかし内容はとても素晴らしい。George Russell meets Hermeto Pascoalという感じ。気品溢れるクランベリーソースのたっぷりかかったHermeto Pascoalでもいい。青い芝生の上で、青空が優雅に近づいては遠ざかるダンスを繰り広げている、そんな雰囲気。Luciana Souzaのヴォーカルは完璧な楽器となりどんな吹奏楽器に劣ることのない存在感を見せ付けてくれる。
床に広げるジグゾーパズル。最後のワンピースを仕上げ、出来上がる青空の画にしばし陶然とする。Maria SchneiderというOne Pieceは私の心にOne Peaceを呼び込む。

Maria Schneiderのサイトから購入できます。

Maria Schneider Site Official

http://www.geocities.jp/musica_arbrfr/
[PR]
by sh2o | 2004-07-28 21:24 | All Frontiers

藤井郷子トリオ

a0023718_1752858.jpg藤井郷子トリオ+1@jazz inn Lovely
新作"Illusion suite"をひっさげての日本縦断ツアー。7/25(日)名古屋のjazz inn Lovelyへ見に行った。藤井郷子、Mark Dresser、Jim Black、田村夏樹、皆今回初めて見るのだが、予想を遥かに超える感激を通り越して、腹に響く快感を味わった。ド迫力のTOKYO・NYC妖怪アドベンチャー祭り、という感じ?(御免なさい)。も~楽しくて楽しくて、次回からも必ず出席したい~!
詳しいコンサートのReviewはHPDiscReviewsの方にUP致します。

藤井郷子・田村夏樹 Site Official

http://www.geocities.jp/musica_arbrfr/
[PR]
by sh2o | 2004-07-26 17:12 | All Frontiers

Silvia Iriondo "Tierra que anda"

a0023718_1852586.jpgアルゼンチンのフォルクローレシンガーのSilvia Iriondoの4thアルバム。Egberto Gismontiのプロデュースで話題になったが、やはり私のフェイバリットギタリストQuique Sinesi参加(Siviaの2nd、3rdにも参加している)が素直にうれしいいし、QuiqueとGismontiのコラボということにも注目したい。しかし、なんといってもアンデスのパンパのアルゼンチンの自然を折り紙にして空に水に浮かべたかのようなSilviaの歌が唯ひたすらに心地いい。透き通る風に虹の絵の具を流したかのような、鮮やかな色彩の踊り。

実はこのアルバムは発売直後に入手済だったが、昨日Florencia Ruizからのプレゼントの中に入っていた。なんとSilvia Iriondoのサイン入り!(ちょっと自慢。またQuique Sinesiのサイン入りフライヤーも!)。スペイン語でなにやら書いてあるが、今のところ判読困難。スペ語、もっと勉強しなくっちゃ!Muchisimas Gracias, Florencia!!

Silvia Iriondo Site Official

http://www.geocities.jp/musica_arbrfr/
[PR]
by sh2o | 2004-07-24 18:54 | Argentina

Chris Abrahams "Streaming"

a0023718_11505956.jpgThe NecksのピアニストChris Abrahamsの2ndアルバムでなんとダブルCD。1枚2曲の計4曲収録…。まぁいつものことか。The Necksが夢の間、隙間に流れ込んでいくような音楽であるならば、Chrisのソロは悪夢の寝起きにそれを忘れるか、忘れさせるかのように鳴り響く音楽。しかしそれは、透明ラバーをかぶせるか、消しゴムで消すかのようなものだから、うっすらと心に傷跡の残る悪夢がときおり蘇る。
The NecksもChris Abrahamsの音楽ともに現実か鏡に映った現実化のような動きを投射するが、実は現実とは似てもつかない、きっと空気が違うのだろうな、というような音世界。一枚薄皮をめくれば、そこは今日も明日もない、空前絶後の世界。

The Necks Site Official

http://www.geocities.jp/musica_arbrfr/
[PR]
by sh2o | 2004-07-22 13:49 | All Frontiers

雑誌『Pen』8/1号

a0023718_8502397.jpg
雑誌『Pen』8/1号
特集は「南米 男たちのスタイル リオ・デ・ジャネイロとブエノス・アイレス現地取材」、「なぜ彼らは、こんなに自由でいられるのか」というもの。取材を受けている現地のセレブな男性達の生活風景には特に興味はわかないが、ホテルやショップガイドや地図は面白そう。
あ~、BsAs行きたいな~!!!

http://www.geocities.jp/musica_arbrfr/
[PR]
by sh2o | 2004-07-21 08:59 | Argentina

『360°records exhibition』

7/17にUPLINK GALLARYであった『360°records exhibition』 special salon【アルゼンチン音響派 スペシャル】に行って来ました。1時間遅れで始まるのかなんだかわからないというこのイベント(?)。お客さんの入りも20名くらいだったのかな。主催者、ゲストなんかよくわからない雰囲気だったので、始まる前に帰りました。ですので感想はとくにありません。
a0023718_23212055.jpg
Kabusackiの奥さんMonica Peralta の作品は十数点程度の展示でした。他のアーティストの作品も小品中心の展示。ぶっきらぼうに壁に貼り付けただけ、を演出したのかどうかわからないが、ああいうものでいいのか疑問。
個人的に苦手な空間でした。開放的なようでいて閉鎖的な無菌室状態みたいな感じがして。

http://www.geocities.jp/musica_arbrfr/
[PR]
by sh2o | 2004-07-20 23:23 | Argentina

高木東六

テレビで昭和を代表する作曲家の一人、高木東六氏のことを放送していた。100歳記念演奏会?「すごい!」というよりも、失礼ながら「え~まだ生きていたの?」(本当に失礼ですね…)と思った。
何故高木東六氏かというと、私の通っていた小学校の校歌が高木東六氏の作曲だから。本人は作曲したことを覚えてないらしいが、6年間も歌いつづけた身としては、なんとなく覚えているというか体に染み付いている。「♪~しょ~がっ~こぉ~♪」懐かしいな…。
またまた失礼ながら、高木東六氏の代表作「水色のワルツ」などについてはまったく知らず。車椅子ながらいまだ健在という感じでした。
ボーっとテレビみながらのちょっとした驚きと懐かしさを感じたひと時でした。

http://www.geocities.jp/musica_arbrfr/
[PR]
by sh2o | 2004-07-20 14:25 | All Frontiers
Fernando KabusackiのプロジェクトLa National Film Chamber Orchestraのライブが7/18にBsAsで行われる。

18hs El Gabinete del Dr Caligari (Alemania, 1920) de R Wiene
20hs Amanecer (USA, 1927) de FW Murnau

Fernando Kabusacki: guitarra eléctrica y sintetizada
Matías Mango: teclados
Fernando Samalea: tambores

Malba
Av Figueroa Alcorta 3415, Buenos Aires
entradas $2.5 y $5 tel 48086500

う~むむむむ…観たい!
Kabusackiだが、3枚のリリース予定有。
- Latin Blue Trance (Potenzoni-Kabusacki-Guida-Muller)
- Darksinging (Nikada)
- The Tokyo Sessions
これも早く聴きたいじょ~!

http://www.geocities.jp/musica_arbrfr/
[PR]
by sh2o | 2004-07-16 23:19 | Argentina

『360°records exhibition』

明日7/17午後2時より、UPLINK GALLARYにて『360°records exhibition』 special salon【アルゼンチン音響派 スペシャル】が開催されます。
また、Fernando Kabusackiの奥さんMonica Peralta の作品も展示中です。
私も遊びに行ってきます!
http://www.uplink.co.jp/gallery/event.html#360

http://www.geocities.jp/musica_arbrfr/
[PR]
by sh2o | 2004-07-16 23:11 | Argentina

Latin Grammy Awards

2004年度のLatin Grammy Awardsの各賞のノミネートが発表された。
Maria Rita一色という感じだが、なんといっても注目はBest Rock Solo Vocal Album。
Charly García “Rock & Roll Yo”
Alejandra Guzmán “Lipstick”
Fito Páez “Naturaleza Sangre”
Spinetta “Para Los Árboles”
Julieta Venegas “Sí“
Charly、FitoにSpinettaの3者揃い踏み!
そして、Best Instrumental Album部門。Tanghettoがノミネートされました!!確か昨年はBajofondo Tangoclubがノミネートされたが、今年はTanghetto。エレクトロタンゴ、フューチャータンゴじわじわきてるのかな?ともかくTanghettoそして彼らの別プロジェクトzero2zeroは幅広くお薦めです。

http://www.grammy.com/awards/latin_grammy/5th_Latin_Noms.aspx

http://www.geocities.jp/musica_arbrfr/
[PR]
by sh2o | 2004-07-15 21:01 | All Frontiers