「ほっ」と。キャンペーン

Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

<   2004年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

本日のKabu!

ZUMのギタリストshinkuroさんからの情報です。
11/27(土)@Disk Union新宿Jazz館 21:00start
ワンマンライブでしょうか。飛び入りあるんでしょうね~。でもDisk Union新宿Jazz館でやるって、あそこの何処でやるのかな?カブちゃん、日本満喫しているようで何より!
[PR]
by sh2o | 2004-11-27 08:55 | Argentina

Esquire

a0023718_15472745.jpg現在発売中雑誌『Esquire』の最新号Jan.2005 Vol.19の特集は「The Essence of Latin Music ボサノヴァ、タンゴでは終わらない。」
なんとカブサッキ、サマレア、アレハンドロ・フラノフ、御大チャーリー・ガルシア登場!ブラジル、メキシコも巡りますが、アルゼンチン音楽ファンは必読必携!!!付録CD付です。
ブエノスへ何冊送ろうかな~♪
[PR]
by sh2o | 2004-11-26 15:50 | Argentina
11/20(土)UPLINK Gallaryで行われたイベント「アルゼンチンの新しい波」 トーク+試聴会に行ってきました。名目は、12/23(木)に発売されるカブサッキが音楽を担当したDVD『The Planet』の発売記念とカブサッキ来日記念とをあわせたイベント。会場では『The Planet』DVDを先行発売してました。このDVDについてはまた紹介しますが、非常に面白いです!最近の「みんなの歌」アンビエント版な内容。
イベントの方は、ライターの土佐有明さん、impartment 稲葉昌太さん、360°records 虹釜太郎さんが、カブサッキやフアナ・モリーナなどの音を紹介する形で進行。稲葉さんが持ってきたMono Fontanaの未発音源が非常に◎!で、後半は私もトーク参加させていただきフロレンシア・ルイス紹介させていただきました!(恥ずかしかった…)
お客さん、どんな感じで聴かれてたのかな…気になるところではありますが、第2回のイベント(エレクトロタンゴ特集か?)もあるかも?今後も「アルゼンチンの新しい波」=Musica Frontera Argentina楽しみでっす!!!
まずは土佐さん、稲葉さん、虹釜さん、UPLINKの田中さん、高柳さん、ありがとうございました。
[PR]
by sh2o | 2004-11-22 13:46 | Argentina

Kabusacki 6.1 la maravilla

a0023718_20243882.jpgFernando Kabusacki : electric and synth guitars
Fernando Samalea : percussions and bandneon
Matias Mango : keybords
Ricky Saenz Paz : electric bass and stick
Charly Garcia : keybords,vocoder and vocals


空に浮かぶ。でもそれは蜃気楼ではない。ギターが刻む「蜃気」そのもの。それがKabusacki。
Fernando Kabusackiの新譜"6.1 La maravilla"。前23曲すべてが揺れ動く光球。
なんとFernando Samaleaが全面参加&プロデュース。そして御大Charly Garciaも登場!Ricky Saenz PazはRichard ColemanのいたバンドLos Siete Delfines(L7D)のメンバーだった人物。
後ろ向きで坂を惰性で下っていくような軽やかさのKabusackiのギター。そこにチープなピーヒャラキーボードが色彩を添える。毛糸でできた毛虫が池を泳ぎまわる姿、蝋燭に浮かべた羽虫、繊細で奇形なガジェット。似て非なるメロディーが記憶の曖昧さ、過去にとらわれる滑稽さを身につまらせる。Samaleaのドラムスは淡々とリズムを刻みながらも、時間の逆流と拡散ををオシロスコープで覗いているような錯覚を導く。
新作を出すごとに輝きを増すKabusackiの感性。複雑さを増すというよりも、地図がだんだんと大きく複雑になっていく様子に似ている。Ⅰ→Ⅱ→Ⅲ→4.5→6.1 環を描き戻る数字の術は、広げられた地図がまた一つにまとまろうというのか。一つの旅が終わりを告げた証拠なのか。今一度、Fernando Kanusackiという地図を眺める。刻一刻と変わり行くその地図を、眺めつづける勇気を、目に焼き付ける喜びを。Que Maravilla!!!
[PR]
by sh2o | 2004-11-17 20:27 | Argentina

カブサッキ緊急追加公演

11/17(水)@Tokuzo 19:00 start
Act.:Chains, Ett, カタリカタリ
カブサッキはEttと共演予定のようです。
[PR]
by sh2o | 2004-11-16 21:35 | Argentina

Kabusacki@Canolfan 2


a0023718_22365618.jpga0023718_22373318.jpga0023718_21111957.jpg
[PR]
by sh2o | 2004-11-15 22:38 | Argentina

Kabusacki@Canolfan

a0023718_22354720.jpg
実は最初はギター3本ということで「ギタークラフトみたいだったら…」とちょっと心配だったが全くの杞憂だった。
カブサッキのギターはなつかしいROCKサインド、ウィ~ンと動物の鳴き声、空に爪を立てるアルペジオ、そっと地面を掘り進むアルペジオ。またはカブサッキのギターはカリヨンのごとし。遠くに近くに耳の産毛を剃る微妙な快感を思い出す。Keiのギターは嵐の森の一夜のよう。轟音と静寂が、枝と木の葉が打ち鳴らし切り裂く音がする。DUB MARRONICSは機械仕掛けのミミズのよう。這いずり進み延び縮む。このようにいないと思えば壁に潜む耳のある機会仕掛けのミミズ。"Kirie"もいいセッションアルバムだったがこの日のライブセッションのほうが根っ子をも震わす弛緩の刺激にあふれるカブサッキならではのものだったように思う。
深紅の潮溜まりを漂っている…何かの境界にいるような奇妙な夢心地。会場のCanolfanから一歩外に出たとき、今までの現実とはちょっと違っていたような、そんな気持ちがたまらなく大切に思えるようなそんな一日。
2年ぶりに会ったカブサッキの変わらぬ暖かい眼差しもそれは素敵で、この眼差しからあの音楽が生まれてくるのだろうな、と感動を新たにしてそっと臼闇の中へと再び歩きだす。
[PR]
by sh2o | 2004-11-15 22:32 | Argentina
昨日のカブサッキ&Kei&DUB MARRONICSよかった~!
新譜2枚もGet!!これも素晴らしい!!!
詳細は後ほど。
[PR]
by sh2o | 2004-11-15 10:24 | Argentina

Miles de Años "Sutra"

a0023718_7194748.jpgMartinez,Kabusacki,Delgado "Mar Azur"というアルバムから気になっていたチャランゴ奏者Valdo Delgado参加のCDということで入手したMiles de Añosのアルバム"Sutra"
これが驚きのCharango Fusion!
収録曲はすべてオリジナル。ValdoのチャランゴにEduardo Pintoの6弦ベースがブイブイひっぱり、Quique OeschのSantiago Vazquez的というかブラジルのCaito Marcondes的なパーカッションが怪しく盛り上げる。渡辺香寿美がバカボン鈴木、ヤヒロトモヒロとやっていたレゾナンス・ボックスを思い出した。
チャランゴのアンデスの風が澄み切った幸せを持ち込むような楽しさ、パーカッションの大地の持つ祝祭の混沌さ、そこにベースの研ぎ澄まされたモダニズムのスピード感が加わるそれは、時間の流れの中に素足で歩みいるような、鋭敏なときめきの中にいることを実感させる。
ボーナスDVDトラックも必見。2004年6月20日アルゼンチンのメンドーサにあるEl Teatro Independenciaで行われた演奏とダンスと詩の朗読と彫刻とのコラボレーション。
音楽の持つ豊かさと楽しさを感じることは愛の語らいに似ている。詩とダンスとリズムとメロディーは、言葉の肉体の鼓動の呼吸の音楽の中に生まれることを。一つになることと全く異なることを理解することは、螺旋階段で見間違えた唯一の愛であることを悟る。
"Sutra"はMiles de anosの2ndアルバム。1stも興味津々!何とか入手したい。そしてメンバー3人のそれぞれの活動も要チェック!!
何時か何処か未来のMusica Frontera Argentina Festivalに是非ラインナップ希望!
[PR]
by sh2o | 2004-11-07 22:43 | Argentina

Wonkavision

a0023718_1637494.jpgブラジル南部ポルトアレグレのバンドWonkavisionのデビューアルバム。ギタリストで殆どの作曲を手がけるWillを中心にヴォーカルのGrazi、キーボードのManuそしてドラムスのKikoの4人組。も~若さ溢れる青春Power Pop。Power Bossaとも呼ばれているそうだ。WillのハードドライヴィンギターにManuのmoogがミュイ~ンと心地いい感じは「Fether Pop」なんて言いたくなる。
実はこのCDはWonkavisionのキーボードのManuにもらったもの。ありがとうManu!Muito Obrigado Manu!!
Porto Alegreのbeach partyでWonkavision…最高なんだろうな~。もちろんchimarrão飲みながら。。。
[PR]
by sh2o | 2004-11-07 16:55 | Brasileira