「ほっ」と。キャンペーン

Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

<   2005年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Los Changos Trio "NANN"

a0023718_21592060.jpgLos Changosの3rdアルバム。前作はSeptetだったから「Los Changos Trio」としては2nd。Interoceanicoの塚本浩哉さんも言ってたけど、本当に音がタイトに引き締まった!って感じ、成長がはっきりと見てとれる。なんかこういうのってすごく嬉しい!
曲の完成度はもとより、Julio A. Santillanのギターの表現力がものすごく上がったって気がする。それはもう1曲目の素晴らしいギターを聴いただけで明らか。前2作と似た曲もあるんだけど全く違うように聴こえる。ベースのFernando Huergoも緩急強弱を自在にそれもさりげなく使い分け極意を得たっていう印象。パーカッションのFranco Pinnaは相変わらず素晴らしい。目立たないのだけれどLos Changosのサウンドの要は間違いなくFrancoのパーカッションだ。
何と言っても彼らの出す音は温かい。前2作ではその「温かさ」が、雰囲気に流されてしまう部分や迷いの感じられる部分において、「生温さ」に感じられるときがあった。けれど本作では、芯の強いそれでいて引き込まれる柔らかさのある、陽の照る柔らかい芝生の地面を裸足で踏みしめているような気分だ。冗長さや甘ささえ心地よく感じられる。贅沢をいうなら、3人のつくる音にもう一つヴァリエーションが欲しい。パーンって景色や場面がその一音でがらりと変わってしまうような。多分それはJulioのギターが大きな鍵を握っている。彼のギターの音色、フレーズ、響きにもう一つなにかが加わるとLos Changosは更にMaravilloso!なバンドになるだろうな!それは安易に他の要素を取り入れたり新奇なものではなく、彼の体験と影響がもたらす新しい何か。その一端はMarta Gomezに捧げた1曲目で聴けるんじゃないかな。この曲は本当に最高!「喜び」の感情から生まれたというこの曲。鍵はそこかな?
じんわり染み込んでくる3曲目もいいし、Vincenbte Amigoに触発されたという6曲目、Fernandoのベースの美しい8曲目も素敵。そしてJulioがボリビアで撮ったというジャケ写、Martaのバンドメンバーへの愛情が感じられるメンバー写真など、音だけでなくCD丸ごと温かいこの秋冬必携のアルバム!!!
[PR]
by sh2o | 2005-10-31 21:59 | All Frontiers

Andrés Ruiz "AMULETO"

a0023718_1654548.jpgFlorencia Ruizの弟Andres Ruizの1stソロアルバム(Demoが1枚あるみたいだけど)。
これがすごくいい!1曲目の冒頭。アルペジオとAndresの背中に漂うヴォーカル。Puente Celestを初めて聴いたときのの衝撃を思い出し!。Andresはギター、ヴォーカル、ドラムス、キーボードとマルチ奏者として大活躍。キーボードによる音響センスなんてなかなか。Hernan SchnaiderやIgnacio MargiottaらのFlorenciaのバンドメンバーも参加。Florenciaのアルバムでは聴くことのできないギターサウンドを聴かせてくれる。これもまたカッコヨシ!Sergio Merceのサックスやトランペット、フルートの入る曲もあり、Florenciaの新譜CORRERでのホーンアレンジの感覚とも似たところがあり非常に興味深い。
Spinettaの冷徹な激情の片鱗、Puente Celesteの天地が逆転するような浮遊感。アヴァンギャルドな匂い、微かにプログレッシブな印象。シンプルなサウンドの中に、絶妙な音色の選択。街に散らばる小石いくつかを拾い上げ、空に放り投げた偶然の放物線と道に響く予期せぬリズム。これはずばり逸材。今年一番の驚きかも!
[PR]
by sh2o | 2005-10-30 16:53 | Argentina

FLORENCIA RUIZ "CORRER"

a0023718_954722.jpg

フロレンシア・ルイス3部作の最終章CORRER。そして言うまでも無く最高!!!
CENTRO、CUERPOそしてCORRERと頭文字Cで6文字であることにこだわり、7曲、9曲、11曲と収録曲数にも、秘めたこだわりをもって製作されたCORRER。製作前の準備から録音、ミックスダウンと逐次いろいろと連絡をとりあっていたので、それが手元にあるのだと思うと涙がでそうになってくる。。。

自主制作であることに今までと変わりないが、Charly Garcia、Fito Paez、Soda StereoやAndres Calamaroのプロデューサー・エンジニアも務めたMario Breuer、やFito PaezのアレンジャーCarlos Villavicencio、そしてPORNOISなど友人達手を借り、サウンドプロダクションとしても最上のものになっている。それより何よりもフロレンシアのアーティストとしての成長、自信が感じられるのが嬉しい。とくにフロレンシアの声が全然違うよ!今回は自室で殆どのパートを録音したことも関係あるだろう。リラックスしながら内面を深く温かく見つめながら。繊細な女性が夢想の箱庭の中にある回転木馬から降りて、全身に温かさを感じながら。目の前に広がる眩しい野原へと駆け出した。そんな気がする。

1曲目のCORRER。以前ライブでの音源を聴かせてもらった1st、2ndには無いテンポのいい曲。正に「Correr=駆ける」って感じ。Andresの鼓動のように小気味いいドラミングにのり、弾ける小石のようなアルペジオ。フロレンシアによるMartin Morronより譲り受けたKORG TRINITYの微風の中を舞っているような音響が効果抜群。三部作最終章冒頭に相応しい、これはいい曲~。録音はHernan Schnaider。

2曲目はHasta la primavera。Carlos VillavicencioとPORNOISのメンバーSebastian Landro(Sebas)が参加。この曲もフロレンシアのアルペジオによって導かれる2nd"CUERPO"の延長線上にある曲。バンドとのライブを通して作り上げたフ
ロレンシアの音風景にVillavicencioのアレンジが絶妙にマッチ。PORNOISのSebasの作る音空間"Grande Chapota"(フロレンシアとIgnacio Margiotta=Nachoのギターのサンプリング)の中、フロレン
シアの声がくっきりと浮かび上がる。

3曲目はフロレンシアのお気に入りMojandote、4曲目はMundoは、フロレンシアの弾き語り。これぞフロレンシアStyleという曲。

5曲目のNube。僕の大好きな曲。フロレンシアの管楽器のアレンジがこのアルバムの大きな聴き処の一つだ。去年の10月からフロレンシアはNube=雲の新しい色を見つけるためにホーンアレンジを試していた。これがその「色」かと思うと感動も新た。陽の光をいうっすらと映し、光の束をそっと手にかざす。その温かさがNube=雲。Sebasの音響効果も素晴らしい。BsAsの古い町並み、ゆるやかに流れるラプラタ、雨上がりの立ち並ぶアパート。雲を透す陽光が心地いい。
サックスのSergio Merceはエクスペリメンタル・ミュージックシーンで活躍するサックス、エレクトロニクス奏者だ。同じくアルゼンチン人のピアニストGabriel Paiukとヨーロッパのフェスティバルにも積極的に参加している。SergioはPORNOISのアルバムにもゲスト参加しており、またフロレンシアの弟Andresのアルバム"AMULETO"にも参加しており、このCORRERへの参加もそこからの流れだろう。

6曲目Migajas。フロレンシアのスパニッシュギターが聴ける。彼女のアコギの音色も素敵!だんだんと折り重なっていくギター(9 Guitarsらしい)の音色が、景色と感情と記憶の重なりを見ているよう。雑踏から静かな列車にのるように聴こえる効果音。

7曲目はIntemperie。ピアノとフロレンシアの声のみのデュオによる美しい小品。

8曲目Lugar。フルート、クラリネット、チェロ、ヴァイオリンとフロレンシアの声によるクラシカルな映像的アレンジ。それをPORNOISのメンバーLucas Totino Tedescoがミキシング。壮大というより街の公園を気持ちよく散歩しているという雰囲気。最後は未知の混沌に出会ったような驚きと喜び。もちろんMario BreuerやVillavicencioの助言もあっただろうが、フロレンシアのこれまで学んできた成果?かと思うと妙に嬉しい。

9曲目はフロレンシアとPORNOISのSebasとのデュオDesato。恐らくアルバム中最後に出来た曲だろう。フロレンシアの弾き語りをSebasがPORNOIS風にアレンジ・ミックスという感じだ。PORNOISっぽいPopなエレクトロ風味も聴けていいアクセントになっている。

そして日本のファンには嬉しい10曲目Vivir。フロレンシアの友人ミツコさんの日本語の語りが入っている。曲自体もフロレンシアとNachoの2本のギターによる演奏アレンジがとっても素敵だ。フロレンシアのヴォーカルも頬にキスされているかのような爽やかさ。さわやかな後書きが残されているような曲構成も素敵だ。

ラスト11曲目はNijin。Isabelasnachoがヴァイオリン(loop)で参加。フロレンシア曰く「NIjni talks about a child sensation」とは?Lugarでも演奏しているもう一人のヴァイオリン奏者Javier Cardenasは1st"CENTRO"にも参加している。消え入るヴァイオリンとヴォーカルが恥ずかしそうに走り去っていく少女の残す香りのよう。


雲間から射す光のような神秘的な立体感と輝き。CORRERにはそれを感じる。
ロシア文学の最後に書き表されているかのような、微かに揺れ動く希望。回転木馬で永遠に回り続けるような夢想。
それらは今、窓辺で微笑む一人の女性の鼓動として響き始めた。心地いい振動をわたしの胸にも。
手を取り合って駆けるその体温が風の中で温かい、CORRER。。。
一緒に駆け出して育む。そんな喜びがあふれるCORRER。

そしてありがとう。フロレンシア。あなたの音楽を愛しているよ。
a0023718_9535723.jpg

[PR]
by sh2o | 2005-10-29 09:55 | Argentina
a0023718_2111275.jpgJuana Molinaのサウンドコーディネーター、はたまたアルゼンチン音響派の代名詞であるAlejandro FranovのNew Albumはピアノソロアルバム。
様々な楽器を使っての音空間が取りざたされるが、彼の音楽にあるひそやかな旋律の美しさがいつも気になっていた。それは前作"OPSIGNO"でもちらほら聴くことができたが、このアルバムでは全編堪能できるのだから嬉しいことこの上ない。John Cageの言葉が引用されているが、Jazzでもクラシックでもない温かい静かにゆっくり流れる小川のような音が、ピアノ小品によって響いていく。ブエノスアイレスのスウェーデン教会で北欧の生まれのグランドピアノのMalmjo(マルムシュー)がこの上の無い柔らかい光を投げかける。こういう音楽が根っこにあるから彼の音楽には、夢の軌跡と森のざわめきが同居するんだ。
録音はSantiago Vazquez。リリースはMDR Records。MDR Recordsは今度 Leo Bernstein、Marco Sanguinetti 、Manuel Ochoa、Nicolás Guerschbergの 4枚のピアノアルバムをリリース予定らしい。へ~、楽しみ!
[PR]
by sh2o | 2005-10-25 21:31 | Argentina

CORRER is HERE!

a0023718_89023.jpga0023718_9184368.jpgFLORENCIA RUIZ "CORRER"
Correr
Hasta la primavera
Majandote
Mundo
Nube
Migajas
Intemperie
Lugar
Desato
Vivire
Nijin

FLORENCIA RUIZ "4 songs" (Private CDR)
ANDRES RUIZ "AMULETO"
MARTIN MORRON "Trampas Deluxe"
PORNOIS "Ilumina Al Mundo"
CLAUDIO SCHULKIN "Piano Composicion"

昨日フロレンシアから届いたCD。
もう嬉しくてしょうがないのと、CORRERの素晴らしさとフロレンシアの音楽の広がっていく様が、体中にこみ上げる。一部日本語が登場しちゃったりして!

そしてフロレンシアの弟アンドレスのCDが予想以上に素晴らしい。これはいいよ!

詳細は近々UPします。

「Gracias」にもクレジットしてもらっちゃいました…うれしすぎ。ブログのURLまで!!!
フロレンシア嬉しすぎ。大好き!
[PR]
by sh2o | 2005-10-24 08:10 | Argentina
a0023718_2044817.jpgチェロ奏者Zoe Keatingの2ndアルバム。基本的には2004年にリリースされた"One Cello x 16 (EP)"の延長にあるアルバムだ。当然といえば当然だけど。より映像的な、"One Cello x 16"の世界が美しく構築された音楽になっている。映像的という意味ではJoraneのアルバムを少し思い出した。ちなみにZoeもカナダ生まれだ。
重なり繋がりまた重なるチェロの音の中で、だんだんとチェロの姿は消えていく。重なれば重なるほどチェロということは意識から消えていく。うねり飲み込まれ包み込まれそっと置かれる。でも曲の終わりにはしっかりとチェロを抱きかかえているような感触にかられる。響き渡る音というよりも、剥ぎ取られる音というべきか。ささくれを静かに引き抜かれるような、瘡蓋を静かにはがされる様な、ひりひりとする安堵。次第に温かくなる傷跡に、滑らかにチェロのボディを滑ってくる音がやけに心地いい。
急激に打たれるピリオドは、世界を止める悲しみの音。そして動き出すときに、Zoeのチェロは地平線で静かに光る。そっと弾かれる弓のように。
[PR]
by sh2o | 2005-10-16 20:07 | All Frontiers

The Ten Oxherding Pictures

a0023718_15385889.jpgFernando Kabusacki, Kei, Marron and Yoshitake EXPE
"The Ten Oxherding Pictures"

Fernando Kabusackiの最高作。間違いない。そしてKeiの荒ぶる雫となるギターの音を世界に示す1枚。
2004年11月にKabisackiとKeiそしてMarronのライブを名古屋のCanolfanで聴いた。正直それまでのKabusackiのどのアルバムよりもJuana Molinaとのライブよりも断然気にいった。その世界がYoshitake EXPEそしてStudio Zenの力をかりて更に秘められた色彩と光を感じられる音楽になっている。一つの世界を発見した驚きがここにはある。ギタリスト4人の世界、というよりも世界への扉が4つある。このアルバムはあなたの心の鍵になる。扉は開かれている。でも鍵はいるんだ。あなたの心に差し込むために。

新たな世界への入り口は狭い。しかし閉ざされてはいない。

4人の創造する音楽は、果てしない霞を食らう牛の胃袋か。
煌く音、簒奪する音、齧りとる音、彷徨う音、沈む音。
白に重なる黒が朱の霞をもたらす。
破瓜する音、放つ音、黙する音、訪れる音、開かれる音。
4人の創造する音は、竹林で慰められたような出会い。
体が自由に倒れる。起き上がり方がわからない。いつかどこでもない場所に倒れているんだから。
目の前に置かれた蹄。木の上から見下ろす失われた画。
悪意を解き放つ、純真な心。

牛のゲップが世界を滅ぼす。そんな俗説が頭を掠める。
十牛図。
霞を食らう牛に乗って、世界は訪れる。

見える聴こえる触れる。
それよりも世界はあなたを包む。
そう。
世界はいつもここにある。
朱色に隠された白の輝きの中に。
[PR]
by sh2o | 2005-10-15 15:37 | Ett

GAIA CUATRO

a0023718_11401713.jpg10/12(水) GAIA CUATRO Japan Tour 2005 
会場:名古屋ボトムライン
Gerardo Di Giusto/piano
金子飛鳥/violin,voice
Carlos 'el tero' Buschini/bass
ヤヒロ トモヒロ/percussion
日亜混成カルテットGAIAのライブを名古屋ボトムラインへ聴きに行った。去年も確か今ごろ。栄のJazz in Lovelyに聴きに行った彼らのライブはそれはもう素晴らしいものだったし、レコ発ツアーということで凄く期待して聴きに行った。
入り口でEPジャケットサイズのGAIAのCDを購入。なかなかの迫力のジャケ。吉田達也のバンド磨崖仏を思い出したよ。しかしお客さん寂しい…20人くらい?う~ん…プロモ不足なの??ステージも高いところにあるので更に距離感が遠く感じる。
演奏が始まってもそんな不安や違和感はなかなか払拭されない。Jazz in Lovelyでの印象が強すぎるせい?会場の音響のせい?金子飛鳥のヴァイオリンの音も気持ちの上を上滑りしていくように感じる。ヘラルドのピアノもかなり押さえ気味だ。GAIAのアルバムからの曲が続く。ヤヒロさんのMCにもあったけど「大人」の演奏である印象。それぞれがそれぞれの演奏を聴きながらバランスをとってGAIAの音を作り出していくインタープレイ。でも。もっとGAIAのポテンシャルの極限を知りたい。4人の混沌が過ぎ去った跡に広がる青空を感じたい。それを少し感じさせてくれたのがヘラルドのアルバム"DI Giusto y Camerata Ambigua"に収録されている曲。
2部では席を後ろへ移動してステージと視線を同じくしてみた。これが正解だった。これがGAIAなんだね。アルバム5曲目。ヘラルドのピアノ、金子飛鳥のヴァイオリン…もう少しで涙腺ユルユルになるところだった。やはりヘラルドのアルバムの曲がいい。アルゼンチンぽさが一番感じられるというせいもあるのだけど、ヘラルドのピアノ・曲と金子飛鳥のヴァイオリンの相性がすごくいい。二人の間での緊張感ある演奏をもっと聴きたい。
GAIAってなんだろう。演奏している本人たちは気持ちよさそう。それはこちらにも伝わってくる。でも何か何かが物足りない。もちろんあまりにも寂しい客席や、会場の問題(やはり間近で聴きたいよ)もあるだろ。でもでも。去年のあの晩とは何かが違う。ヘラルド体調悪かったのかな?皆あまりにも大人すぎて音がすれ違っちゃているように聴こえた。もっと重なり合ってぶつかり合って生まれる新しいマジックを感じさせて欲しいな。通り過ぎ去る風景ではなく、見上げれば広がる開かれた空のような。
[PR]
by sh2o | 2005-10-14 23:00 | All Frontiers
a0023718_10151774.jpgヴォーカルのAnn-Lynne WilliamsとギターのMatt Brownを中心とする4人組みユニットTrespassers William
最近はこればかり聴いている。ゴシック・アンビエント?Mazzy Star?カウボーイ・ジャンキーズ?どれでもなんでもいいや。テーブルからみえる窓の景色にぼつんと浮かぶようなAnnのヴォーカル。暗やみに照らされ光に閉ざされる心の水底。こみあげてくる隠された悲しみと愛情。すごい伝わってくる。。。Matt Brownのギターが素晴らしい。"alone"のラストでのギターソロなんて忘れられない。背筋から涙へとなって溢れる感情。

高く幽かに広がる空を見つめながら
罪悪感と温かさに埋もれながら
明日という時間を信じながら

Trespassers William - Alone

You gave me
Cold glass love
You've got teeth for biting and you've bore a hole in me

You and me
Hot and cold
You have crossed all safely while i teeter on my rope

Better than me
And i know
You are calm and symmetry and i'm an empty hole

My envy
Of all you own
I want to be a possession you dust and won't let go

Gentlest touch
And sweetest sound
Something you'll run back in for when the house burns down

Alone
Alone doesn't feel so cold
Alone
Alone doesn't feel so cold

'Cause your arms
Your arms they don't feel so warm
So come
Come love and take me home

What i am
And what you are
Some things just don't hold the way the night has trapped a star

Alone
Alone doesn't feel so cold
Alone
Alone doesn't feel so cold

'Cause your arms
Your arms they don't feel so warm
So come
Come love and take me home.
[PR]
by sh2o | 2005-10-09 10:09 | All Frontiers