Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

<   2005年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Renewal

a0023718_100323.jpg
フロレンシアのHPデザインがリニューアルされました!
新譜CORRERカラーのグレイを基調にしたデザインで素敵!!
"Florencia Ruiz"て書いてあるのわかります?
どうぞ見てあげてください~。

こちらもよろしくです。
[PR]
by sh2o | 2005-11-30 10:18 | Argentina

DADAFON "Lost Love Chords"

a0023718_11363792.jpgノルウェーのバンドDADAFONの通算5作目。
なんといってもヴォーカルのKristin Asbjornsenの魅力にやられちゃっているので彼女の声を聴くことのできる新作はとりあへず嬉しい。
でもアルバムと通して内容はというと、いつもちょっと不満だった。アフリカンテイストを強調した1stに2ndはまだ試行錯誤状態。そしてサックスをチェロに入れ替えてROCK路線に変更したアルバム"VISITOR"での"Move"、"Release Me"、ドラムがメンバーチェンジしたアルバム"HARBOUR"での"Hunted"(アルペジオが細かくドライブする"Move"タイプの曲が好きなだけ?)などアルバム中にものすごく輝いている曲はあるが、ミディアムテンポのブルージーな曲が中途半端な感じがしてどうも好きになれなかった。
でもこの新作"Lost Love Chords"は曲のばらつきのない非常にまとまったいいアルバムチェロがKristinの声を磨き上げるような1曲目から「おっ?」て感じだ。。"VISITOR"から導入したチェロもようやくバンドに溶け込んできた印象。そしてもうお馴染み?といっていい"Move"タイプの3曲目"When did you leave"。暖かい部屋から眺める氷柱の冷たさが毀れてくるようなピアノを取り入れまたDADAFONを代表する曲が生まれた。そして7曲目の"Hold on"で完璧ノックアウト!ギター、チェロ、ドラムスの土の上を歩く足音とすべての音が紛れ込むようなサウンド。そしてKristinの胸に顔をうずめるようなヴォーカルに涙がでてくる。
時に自然を、時に未来を、時に生死を思わせ、イマジネーションを掻き立てる緑を基調にしたアートワークも素晴らしい。

東京事変もいいけどDADAFONを聴こうよ!
[PR]
by sh2o | 2005-11-26 11:36 | All Frontiers

Ben Monder "OCEANA"

a0023718_17351111.jpg才能が幽霊のように闊歩するNYCでもとびきり気鋭のギタリストBen Monderの最新作"OCEANA"。レーベルをSunnyside Recordsに移ってのリリースだ。
1曲目のアコギソロにまずは驚かされる。繊細で宇宙にきらめく霧氷のようだったギターサウンド、アルペジオは変わらない。でもこの力強く溢れる生命感はなんなのだろう。スピーカーの前から離れることができない。盟友Theo Bleckmannのこれまた変わらず素晴らしいヴォイスソロを挟みタイトル曲の"Oceana"。うむむむ、、、、この湧き出る熱い感情はなんなのだろう。いつもとBenもギターが違う!これはPat Martino×David Torn?いやまぎれもなくBen Monderだが。。。前3作やTheo Bleckmannとのアルバムとの違いはドラムスだ。Jim BlackからTedd Poorへ。これが非常にいい結果になっているような感じだ。そして4曲目"Echolalia"。TheoとBenのコラボレーション中最高のものではないのかな。光の中心へ収束しようとするTheoのヴォーカルと眩しく弾け大きく波打つBenのギターが涙で嗚咽する喉元をやさしく強く愛撫する。Ted Poorのドラムスが風に揺れる扉の音のように空間の道しるべになっている。この曲とタイトル曲"Oceana"のベースはKermit Driscollだ。Benのエレキギターソロ曲"Double Moon"。そしてそしてこのアルバムの一大イベント"Rooms of Light"。ここで狂気の凶器のBen Monderギターが炸裂!!!Pat Martino×David TornにさらにChristian Doranまでも飲み込んだかのBen Monderのギターが圧巻!ここでのベースはSkuli Sverrissonだ。"Spectre"で静かに沈み終わるOCEANA。。。

なんか久しぶりに「すごい」アルバムを聴いた。研ぎ澄まされた心と技。瞬間を溜め込み、放つときを選ぶ気合。混沌と恐怖を信じあう心が無に返す。そんな何かへの悲しみと愛しさに満ちた音楽。
これは今年のBEST ONEかな…正直運命的なものを感じた。。。
[PR]
by sh2o | 2005-11-23 17:31 | All Frontiers
musicargentina
Cecilia Zabala
guitarra, voz, composiciones, arreglos
a0023718_14552751.jpg

Jueves 24 de Noviembre - 21 hs
Centro Cultural Casa del Sur
Av. Diaz Velez 4271 - Ciudad de Bs. As.
Entrada $6 (incluye una picadita)
[PR]
by sh2o | 2005-11-23 14:58 | Argentina