Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

<   2006年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Carlos Cutaia

元Pescado Rabioso、元La Máquina de Hacer Pájarosのベテラン鍵盤奏者Carlos Cutaiaの最新作『Sensación Melancólica』と前作『Para la guerra del tango』。これがすんばらしいタンゴJAZZ!凡百のタンゴ風味のJAZZやフューチャー・タンゴなんか問題にしない円熟と貪欲さが見事な斬新さを生み出している。

a0023718_1212359.jpgまずは2005年のカルロス・ガルデル賞"Tango - Nuevas formas"部門の受賞作『Para la guerra del tango』。Carlosのピアノ、ドラムスにDaniel "Pipi" Piazzolla、ベースはCarlosの息子Ezequiel Cutaiaというトリオ編成に、今もっとも評判の高いタンゴシンガーLiliana Barriosが全編に渡り参加している。Carlosはスピネッタやガルシアとの活動後はシアターやフィルムの仕事がメインであったようで、そうした情景描写に秀でた完成が、単なる「試み」としての音楽製作だけに終わらない、一枚の作品としての完成度を高めている。またLilianaの力強く情念深い声が、演奏のスタイリッシュさとうまく溶け合い、絶妙の体感温(音?)度を感じさせてくれる。Carlosのピアノタッチは力まず前のめりになりすぎず、輪郭のはっきりとした潮の満ち引きを思わせる演奏。4曲目の""が特に素晴らしい。ここれのLilianaの歌とCarlosのピアノのコラボレーションは氷に注がれた炎。内に秘めたドラマチックさがいったん火のついた快感をさらに高める。

a0023718_1152774.jpgそして最新作『Sensación Melancólica』。前作同様のピアノトリオにバンドネオンAlejandro Guerschberg、ヴァイオリンLuis Roggeroを加えたキンテート編成。Liliana Barriosも数曲で参加。そしてCarlosのもう一人の息子Lucas Cutaiaも音響/プログラミングで参加している。EzequielとLucasはGordöloco TrioのドラマーRodrigo Gómezと一緒にOPEN 24というFUNKROCKPUNKユニットで活動している。このアルバムに感じるJam Band風味や最近流行のJAZZピアノトリオ的な演奏のにおいを感じるのは息子たちの影響によるものだろうか。それにしてもCarlosのピアノは変幻自在というか味わい深い。Daniel "Pipi" Piazzollaのドラムスはどこをとっても"Pipi"の演奏でその演奏はどこか押し相撲の力士のように感じる。猪突猛進華麗なる電車道かと思えば、突然目の前の視界が消え去る突き落とし。「大瀑布」って感じ~。アルバム終盤の2曲でLucas Cutaiaのエレクトロ・タンゴを意識したアレンジをバックにした、Daniel Melingoがその歌声が聴ける。そしてRichard Nantのトランペットが時の流のように儚く流れていく。小手先の「未来」なんてサヨウナラ。アニメーションや特撮ではない、靴先をかすめる未来の一瞬がはっきりと見える。
タイトル曲はCarlos自らのオーケストラのために1984年に書かれたものらしい。また他のインスト小曲はTV番組やフィルムのために書かれたもののようだ。

Carlosのような大ベテランが第一線とは言えないにしても、未だ自分の音楽を貪欲に作り上げていこうとする姿勢に感服敬愛するとともに、某国の音楽シーンに暗澹とする。
[PR]
by sh2o | 2006-07-27 11:48 | Argentina

Roy Elder "MELTER"

a0023718_163634.jpg英ロイヤルカレッジや米Berkleeで学んだというサックス奏者Roy Elder。アルゼンチン人なのかどうなのかは不明。これまでLiliana Herreroの数作のアルバムや、サントラ盤『EL VIAJE』にその名を見つけることができる。リーダー作はこれまで2作あり、本作は1999年リリースの2ndアルバム。
Lapo GessaghiのギターとFacundo Guevaraのパーカッションのサポートを得て、クチ・レギザモンやユパンキ、ラウル・カルノータなどのフォルクローレ名曲達を演奏。Facundoは最近はひっぱりだこのパーカッション奏者。LapoはNito Mestreのバンドなどで活躍してきたギタリストだ。さらりと風に舞うようだが、どこか都会的な洗練された雰囲気。アンデスを見渡すコテージで聴いているような感覚かな。地~味なアルバムだが、このまま何も語られずにいるにはもったいない内容。ユパンキの名曲"Luna Tucmana"が泣かせる。ベタつかず、あっさり聴き流されることもない、適度な感触が絶妙。こういうのも一つの才能。
[PR]
by sh2o | 2006-07-14 16:35 | Argentina

RUIDOLOGIA

a0023718_2051240.jpg弾きまくるギターのFico De Castro
叩きまくるドラムスのSebastian Peycere
こういうのを愛着を込めて、関東ではバカ、関西ではアホと呼ぶ。
ベルギーのチェンバーROCKバンドX-LEGGED SALLYや英国のOZRIC TENTACLESを思い起こす真面目に皮肉さたっぷり危険な笑い。。おまけに奇怪なカッコイよさもあるのだから始末に悪い。あ~そうそう、ジャイアントロボで有名なバェットヘッドのタンゴ版?そうともいえなくないが、Nels Clineのラスヴェガスタンゴの演奏をどこか思い出す瞳の奥の狂気。
ゴッサムシティが現代の南米に出現したなら、こんな立ち込める喧騒に満ちたFicoのタンゴがお似合いだ。
[PR]
by sh2o | 2006-07-10 20:51 | Argentina

Andrea Alvarez "DORMIS?"

a0023718_18331324.gifパーカッション奏者Andrea Alvarezの新作DORMIS?。マッテマシタ!!
Andrea Alvarez(voz,bateria y percusion)、Mauro Quintero(guittara)、Franco Fontanarrosa(bajo)というトリオ編成による新作。ゲストはなし!編成どおりに前作よりもシンプルなサウンド。ジャケ写の裸は伊達じゃない。それはサウンドだけじゃなくただシンプルな「女」ではなく「私自身」という単純かつ困難な表現。それをトリオによる桁違いに破壊力ある「HARD ROCK」サウンドで、「カッコイイ」という叫びをも呼び込むのだから、その実力もカリスマも本物だ。
ギターのMauro QuinteroもベースのFranco Fontanarrosaも最高だ。確かにこれはBlack Sabathだよ!オジ・オズボーンのヴォーカルって中性的だものね。重く引きずりながらも、そこはハードコアやグランジを通り過ぎた現代。跳ね上がるノイズ、刻み込まれる沈黙。すげ~ぜ。このアルバム…。。
前作にあった曖昧なPOPSフィーリングやパーカッション奏者としてのパフォーマンスは姿を消し、「Andrea Alvarez」そして「ROCK」という表現だけがここにある。その姿にKill Billを重ねるのはいけないことだろうか。"Por que no hay agua para mi?"なんて挿入歌にもってこい。布袋寅泰との共演希望。

このカッコヨサがわからない奴は「寝てんのか?」という訳だ、このタイトルは。
[PR]
by sh2o | 2006-07-09 18:36 | Argentina

LUZ DE AGUA

a0023718_13242793.jpg大好きなピアニストCarlos Aguirreが監修を勤めるレーベルSHAGANA MEDRAより、まさしくアルバムタイトルどおりの「水の輝き」のような静謐な輝きをもつアルバム。
Juan L.Ortizという生誕110年を迎えた詩人の詩に、ピアニストSebastián Macchiが曲をつけたアルバム。演奏はSebastián Macchi (piano y voz)、Claudio Bolzani(voz y guitarras)、Fernando Silva(contrabajo violoncello y berimbao)という若手ミュージシャンによるトリオ。パーカッション、キーボードでゲストが参加している。
Sebastiánは最近のSilvia Iriondoのツアーに参加しているどうやらCarlos Aguirreの弟子?継承者という位置付けか。ベースのFernandoはCarlos AguirreのバンドのメンバーでCarlos Aguirreの片腕という存在。ギターのClaudioはRosarioに本拠をもつJAZZレーベルBlue ArtよりアルバムとリリースしているRUMBLE FISHというバンドのメンバーだ。
シンプルだが奥行きのある演奏。Carlos Aguirreの声に似たClaudioの声がまっすぐに地に立っている。まるでCarlos Aguirreのアルバムを聴いているかと思った。しかしやはりそこにはより現代的な透明感が存在する。Sebastiánがヴォーカルをとる"Fui Al Rio"は、降り立つ星の輝きと緩やかな川の流れが交じり合う心地よい静謐さに満ち溢れている、見事な演奏。ちなみに"Fui Al Rio"はLiliana Hereloもアルバムに取り上げている。
どの曲も緩やかな時間の流れの中に大切に育まれた温かさを受け継ぎながらも、現代的な研ぎ澄まされた空気が流れている。「MODERN」とはこういうことか。。

また本作をリリースしたSHAGRADA MEDRAは注目のレーベル。Carlos Aguirreのリーダー作2枚にJorge Fandermoleのアルバムは現在のアルゼンチンの一つの側面を代表するアルバム!と言いたいほどなのに非常に目立たない扱いだ…。他にもCoqui OrtizやSERIE Musica argentina para guitarraなど全部聴いて見たい作品ばかりだ!
[PR]
by sh2o | 2006-07-09 14:29 | Argentina

Lulacruza "Do Pretty!"

a0023718_15455761.jpgコロンビア出身のシンガーAlejandra OrtizがLuis Mauretteとともにオークランド、ボゴタ、ブエノスアイレス、そして江ノ島でのフィールドレコーディングの音源を盛り込みながらつくりあげたミスティックな世界。
AlejandraはNYCで活躍するギタリスト塚本浩哉のバンドINTEROCEANICOのメンバーとして2004年に来日もしている。江ノ島のフィールドレコーディングはその時のものだろう。彼女の自然体の肉感的な声が大好きだ。繊細な中に感じる太陽のように暖かいエロティックさがなんともいえない心地よさを残す。
Alejandraから届いたこの1枚のアルバム。大切にしたい。
[PR]
by sh2o | 2006-07-01 15:56 | All Frontiers