Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

<   2006年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Maria y Cosecha "ESENCIA" 

a0023718_2111143.jpg音楽は魔法だ。フロレンシアはそう語った。そして僕にもそう思わざるを得ない数少ない時が訪れることがある。フロレンシア、アンドレ・メーマリ、そしてこのアルバムを聴いたとき。

Maria de los Ángeles Ledesma y Cosecha de Agosto "ESENCIA"

そう感じさせる源さえもはっきりとわかる。ピアノのPablo Fraguela。この奥深く青白い煌びやかな音はいったいなんなのだろう。そして涙が出そうなところでそれを掬い取っていくアルゼンチン音楽の広大な陽気さ。Georgina Hassanのアルバムで出会ったPabloのピアノ。目立たず、でもはっきりと心に足跡を残すその音は、雨上がりの道にのこる空からの光の軌跡、夕空にしがみつく陽光の残り香。

5曲目まではPabloのピアノを、止んでしまった雨の行方、暗がりに落ちた空の行方を追うように聴き入る。そして夢は突然覚める。そうこのアルバムは6曲目でなにからもその心を剥がして目を覚まさせる。Georgina Hassanの曲"Memoria de rio"。血液から出てくるような声はあまり好きじゃない(かといってそんな血の流れが聴こえないと不満なのだが)。フォルクローレの歌い手たちや、このMaría de los Angeles Ledesmaもそういうタイプの声だ。でもこの曲でのMariaの声はブラジルの素晴らしい歌手Momoca Salmasoを想起させる。アコーディオンやパーカッションの響きなどOrquestra Popular de Camara。その後もMariaの川面を流れる風のような声は髪の毛をかきあげるように心の中でそよぐ。

パーカッションのMatías Furióの緩急強弱の見事な演奏。森の中の音、雑踏の音が聴こえる。隙間から滲んでくるようなRicardo Cánepaのコントラバスのアルコ。それらを束ねてはゆっくりと解いていくPedro Furióのギター。

惹きつけられる本、余韻すら手放さない音楽。それらに出会ったときは危険だ。その時、何かが現われ変わり消え忘れ始まる時だから。

このアルバムは何を残すだろうか。
それが何であろうと、それはきっと永遠に消えることは無く、心の一部として緩やかに留まる。
[PR]
by sh2o | 2006-10-03 21:13 | Argentina
a0023718_20355850.jpgスウェーデン人チェロ奏者Beata Söderbergの2ndアルバム"BeSo"

ブロンドのこの美貌は正にタンゴ界のシャラポワ?そんなことはどうでもいい。とにかくカッコイイ。Beataのオリジナル曲を直球一本でぐいぐい押し込まれるような感じ。それは小気味いいJosé Luis Colzaniのドラムによるところが大きい。Beataのチェロは、艶かしい瑞瑞しさを発散させる。それはあたかもBeataと重ねるkissのよう。タイトル"kiss=BeSo"はBeata Soderbergのイニシャル。そうBeataの音楽を聴くことは、彼女とkissするかのよう。

とは言ってもまだまだ荒削り。いささか一本調子で配球が読めてしまう。このまま威力ある速球に磨きをかけるか、はたまたとんでもない変化球で勝負するか?個人的には強烈なスピンを加えた超高速ライズボールで勝負してほしい。胸が火照るほど息苦しくなるくらいのキスで舞い上がる体。それでいて瞳の奥は一歩先を読みきろうとする薄氷の輝き。

激情を操る瑞瑞しさ。それがBeata Soderberg
[PR]
by sh2o | 2006-10-02 22:36 | Argentina

Georgina Hassan "Primera Luna"

a0023718_17442988.jpgブエノスアイレスのMarta Gomezといってもいい美声の持ち主Gerogina Hassanのデビューアルバム"Primera Luna"。
コロンビア出身でNYCで活躍するシンガーMarta Gomez自体がそう巷間で話題になる知名度ではないだろうから、この例えはどうかとも思うが、そう言いたくなる温かみのある声。しかし声の中にどこか冷たい海風のような寂しさを感じさせるところがGeorginaの個性か。
アルバム1曲目が鮮やかに目を覚まさせる。「久しぶりにいい曲を聴いた…」そんなことを思わず呟かせる。Pablo Fraguelaの繊細なピアノに導かれるケルトかポルトガルのシンガーを思い起こさせる断崖のGeorginaの美声。それはもちろんガリシア地方のトラッドであり、プログレファンには馴染みのあるシンガーUxiaの曲だからなのだが、それ以上にGeorginaの声と上昇気流を描く弦楽器の間奏が織り成す音空間は、プログレファンは絶叫間違いなしの涙の展開。爽快な驚きと感動。
その後も自作曲を交えながらメキシコ、ヴェネズエラ、チリ、ブラジルそしてアフリカの曲たち丁寧に歌うGeorgina。それを息のあった演奏が、染み込む涙のあとを綺麗にかき消すような、湧き出す涙を零れ落ちないように留まらせるような、絶妙のサポート。なるほどどうやら彼らはシンガーMaría de los Ángeles Ledesmaのバックを長年つてめている仲間たちのようだ。
蛇足だがGeorginaの父はアルゼンチンのヴォーカルグループOPUS CUATROのメンバーAlberto Hassanだ。そんな父AlbertoもKevin Johansson作の曲で娘とデュエットしている。OPUS CUATROはLito Vitaleとの共演などもあるベテランコーラスグループだ。
このCDはエンハンズドCDでプロモビデオを見ることできる。またGeorginaのblogで素敵なライブ写真を見ることができるのでそちらもどうぞ!

アルゼンチンだけでなく、Georginaの美声は世界中で受け入れられることだろう。注目!
[PR]
by sh2o | 2006-10-01 17:45 | Argentina

Sinesi-Moguilevsky "Solo el rio"

a0023718_1552488.jpgまるで部屋に穴が開きそこにやさしさが吹き込まれているかのようだ。Marcelo Moguilevskyクラリネットの響きが体の存在を知らしめQuique Sinesiギターの奏でが心のありかを確かめる。

確かにQuiqueのギターファンにとっては物足りないところがあるかもしれない。斯く言う僕にしてももっと弾きまくり知らないQuiqueを見せ付けてくれるような演奏も期待したいところだ。でももっと耳を側立ててみよう。太い大きな木の幹と枝の佇まいのようなMarceloのクラリネットや笛の陰で、風と光のように自由に舞い駆け留まるQuiqueのギターのなんと鮮烈で清新なことか。

QuiqueMarceloのデュオにとって2枚目となるこのアルバム"Solo el rio"。 曇り空の下で聴けば青く流れる大気を感じ、青空の下で聴けば白い雲の流れ行く先を感じることができる。こういう音楽が近くにあるといい。そう心から感じさせてくれる貴重でかけがえの無い大好きな音楽。
[PR]
by sh2o | 2006-10-01 15:58 | Argentina