Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

9月20日(木)。友人Tannyさんのお薦めでTOKUZOへと足を運んだ。
ギタリスト、シンガー、コンポーザーのアリエル・アッセルボーン(Ariel Asselborn)のライブだ。アリエルのバイオについては彼のHPを参照していただくとして、ライブは非常に興味深いものだった。
a0023718_1652031.jpg

Víctor JaraAriel Ramirezなどのフォルクローレに自作の曲を織り交ぜながら休憩を挟んでの二部構成。流麗なギターとたどたどしい日本語に微笑みがこぼれるが、何といってもアリエルの声に魅了された。確かにギターは素晴らしい。「はちどり」「かえる」などのギターによる小品も聴き応えがあった。しかしそこにアリエルの存在はやや薄い。そこにアリエルでなければならないという感触に欠ける。一方アリエルの声、歌。そこにはアリエルが確かにいる。アリエルという音楽の存在が生き生きと感じられた。
Victor Jara"Angelita Huenuman"Violeta Parra"Gracias a la vida" 、Arile Ramirez"Alfonsina y el mar"Roland Valladares"Bajo el sauce solo"。どれのこの上の無い寂しさ、暖かさ、奥深さ。彼の繊細に震えては高く伸びていく歌の後には、彼の足跡が続いている。僕たちはそれをはっきりと追うことができる。アリエルの風を感じながら。
a0023718_15232687.jpg

アンコールでの「浜辺の歌」。アリエルのギターに合わせて歌う観客のコーラスおばさんたち。彼女たちもきっとアリエルの声に魅了影響されてのことだったのではないだろうか。しかし「浜辺の歌」で終わりなのはいただけない。最後はアリエルの歌で終わってほしかった。
ライブ全般を通じて感じたことだが、なんとなく一本筋の通った緊張感がない。一部終了後、アルエルの美しい奥様が語っていたように緊張しすぎだったのだろうか?確かにチューニングはかなり気にしていたが…そう多くを語ろうとせずとも彼のやさしい気持ち、穏やかな人柄は伝わっていたと思うが…。
また「はちどり」「かえる」などのギターソロの曲など、組曲形式でガァ~と演奏してくれたらまた印象は違って聴こえたのではないだろうか。記憶の中に透き通っていくような彼の歌、それとはまた違うギター演奏。そんなメリハリがあったらより楽しめたのではないかと思うが、それは再びアリエルのライブを聴いてから言うべき事だろう。
a0023718_15235461.jpg

彼の地とは遠い日本にいながらにして、彼方の風景を感じることの出来る稀有な音楽と触れ合える。そんな身近にある貴重な機会を逃すのはもったいない。奈良、神戸、東京ライブツアーはまだ続く。是非気軽に足を運んで欲しい。アリエルの足跡にそっと手を触れたくなるはずだ。
[PR]
by sh2o | 2007-09-21 19:11 | Argentina

Fer Isella "Doña Furia Gaucha"

a0023718_1729061.jpgFer Isellaは1975年(ほんとに?)ブエノスアイレス生まれのピアニスト、コンポーザー、プロデューサー。Sony Musicで15のプラチナ、ゴールドアルバムに関わったとのこと。その後NYのバークリーへ留学し、ダウンタウンで活動していたようだ。Chibo Mattoとも交流がありMiho Hatoriのアルバム"Ecdysis "にもキーボードで参加しているとの事。

さて本作"Doña Furia Gaucha"Fer名義による1stアルバム。Fer自身のレーベルLimbo Musicからのリリースだ。全曲Ferのペンによるもの。作曲されたのは1999年~2000年。録音は2003年。満を持してのリリースだ。率いるバンドMakanudosのメンバーは、自らもLos Gauchosを率いるギタリストJulio Santillan、ドラムスにMarta Gomezを公私ともにサポートするFranco Pinnaの二人のアルゼンチン人。そしてベースはイタリア人ののDaniele Camarda(Danieleも相当面白そうなミュージシャン!FerとのDuoもあり)。そしてMarta Gomezも1曲ゲスト参加しているという涎ダラダラな布陣だ。

Julio SantillanFranco Pinnaの参加で思い出すのは、同じアルゼンチン人で以前はNYで活動していたピアニストGuillermo Klein。まぁ渡る世間は鬼ばかり。FerGuillermoは知り合いで、Guillermoのアルバム"Una Nave"のアルゼンチンでのリリースはLimbo Musicが行っているようだ。で、参加メンバーを見て、このFerのアルバムもGuillermoっぽいJAZZ色の強い音楽なのかと思いきやどっこい、Progressive Rockですよ!これは!!オーガニックプログレ??アンビエントELP???つかみ所無い浮遊感はアルゼンチン特有のものであるが、しかしこの浮遊感は並外れている。どこかSebastian Escofetに似たものを感じるし、Santiago VazquezFernando KabusackiのプロジェクトLa National Film Chamber Orchestraも思い起こすが、この光の根元のような静謐さは只事じゃない。

しかしなんて表現したらいいんだろうか、この異様な浮遊感は。今まで聴いてきた様な大地や風の匂いのする浮遊感とは程遠い、異次元を俯瞰するような浮遊感。スペースシャトルから眺める宇宙空間のBGMって感じだ。。Ferはピアノ、キーボードの他にもバンドネオン、ピアニカやメタロフォンも演奏。ピアノによってフォルクローレが鳴り響く中、キーボードが異次元を引き連れて果てのない虚空を彷徨う星のように流れていく。Ferの風貌もどこか宇宙っぽい?それともアルゼンチン・プログレッシブ・ロックのBack to the Future?

またJimena OddiEzequiel Blackによるアルバムのアートワークも実に素晴らしい。ジャケットの毛糸で彩られたFerの似顔絵など秀逸なセンスだ。

実にさまざまな美意識と挑戦に彩られた音楽たち。
こんな音楽に出会えるから、嬉しくて楽しくてしょうがない!!!
a0023718_17333645.jpg

[PR]
by sh2o | 2007-09-19 19:16 | Argentina

Contínua Amizade

a0023718_16255523.jpg
待ちに待ったAndré Mehmari Hamilton de Holandaのデュオアルバム"Contínua Amizade"がやっと到着!一度聴きおえる。あ~はぁ~と溜息。さらに聴きかえす。ふぅ~っとなにもない天井を見上げる。するとそこには音楽の残り香が見える、聴こえる、感じる。この音楽が何にも変えがたい時間と同質であることを教えてくれる。
1曲目はPixingunhaの名曲"ROSA"Himiltonのバンドリンの音が木の幹や枝や根のようにどこまでも生き生きと伸びていく。Andréのピアノがそれを見つける空や風のように涼やかに流れていく。あ~素晴らしいという言葉しか浮かばない。このデュオの企画をはじめて聞いたときは、うまくマッチングするか、Hamiltonの超絶早弾きがAndréのピアノに合うのか心配だったがまったくの杞憂。
Gismonti"Baião Malandro"は名演!さらに映画『New Cinema Paradise』のテーマで終わる最後に、ただ涙…震えと涙とともに訪れる喜び。久しくこんな感動は味わっていなかった。とにかく聴いてほしい。余計な言葉はいらない。歴史なんて言葉も覚束ない、時間という、時という、さまざまな光の中であってもこの音楽は更に輝きを放っている。

最後にこれだけは言いたい。
このライブを日本でも実現させなければ嘘だ!!!
[PR]
by sh2o | 2007-09-17 16:26 | Brasileira