「ほっ」と。キャンペーン

Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

a0023718_171698.jpgkei / 高岡大祐ポコペン 3/21(金)

大阪は谷町、空堀商店街の側にあるポコペン。ちなみに「ポコペン」とは缶けり遊びのことのようだ。そういえば「ぽ~こぺん!」とか叫びながら缶けりをしたような記憶がある。
ギャラリー楓の先を曲がるとの指示通りに足を運ぶと確かに路地がある。看板もある。
しかし…石畳の路地を5m進んでは左に曲がり3m入っては右に曲がる…それはまるで時間を遡っているかのようでもあり、暗闇に誘われているかのようでもある。そして行き止まりにあるのがポコペンだ。震災で崩れなかったのが不思議なくらいの古い家屋。築100年とこことだ。築100年?それって明治じゃない??暖かき春の闇の深さ、恐るべしかな。。
扉を開けてポコペンに入る。玄関には本棚が並び漫画、本、雑誌、玩具が並ぶ。正面に階段。その先に12畳くらいの部屋があり、そこが会場?すでに常連さん(お友達?)と思しき数人が談笑している。はて、どうしたものかと立ち尽くしていると、階段下の床の間?の席に案内してもらった。豆球電灯、電気ストーブ、脇息、卓袱台、祖父母の家に遊びに来ているような不思議な気分。梅酒を啜りながら昭和初期の文学全集をパラパラとめくる。ミシミシと抜け落ちそうな階段に恐怖した相方と席を替わってあげる。しかし暗い。だがそれが居心地ことに気づく。
パラパラと人も集まってきた。へ~ぇぇ…。と思っていると、あれ?あの眼鏡の女性はEttのさゆりちゃんじゃない?あれれ~あまりのキュートさに気がつきませんでした…サユリストとしていかんいかん。
さてさて謎の雰囲気の中、ライブは始まる。keiさんはアコギ。高岡さんはバウロンと思しき片面太鼓をチューバの先に擦りつけている。音は電気ストーブの微かな明かりを躍らせる。keiさんがいつものエレキを構える。フレットは自らスキャドロップ加工したそうな。ちなみにベトナムのギターはすべてフレットがスキャドロップ仕様になっているそうな…ふ~ん…。keiさんのギターの音が高岡さんおチューバの中で響いているかのようだ。この会場のせいなのか今までにない音の響きを感じる。
休憩後、お互いのソロ演奏。keiさんはアコギ。右手にパチカを持ちながらの演奏。パチカが時折ギターのボディに当たる音がなかなかいい効果。高岡さんは"Pliceman is crazy"なる曲を演奏&歌う。チューバを吹きながら歌うというホーミーのような荒業が面白い。
会場を出ると来る時に感じた闇が微妙に明るくなっているように感じたのが築100年積み重なった時の塵の暖かさのせいか。音も100年の塵とともにまた沈み舞い散り、今日へと続の路地へと帰っていく我々の足跡となったに違いない。
a0023718_14412585.jpg
a0023718_1441393.jpg
a0023718_14415541.jpg

[PR]
by sh2o | 2008-03-24 23:22 | Ett
さて~第二部。

咊胤会員の皆さんによる「黒石じょんから節」からスタート!この曲、結構好き。そして咊胤会長佐田幸一さんによる「津軽あいや節」。堂々と味わいのある唄いっぷり。ちょっと感動しましたにしてもどんなキーでも弾きこなしちゃう神谷師&会員の皆様すごい!

さて後半の超目玉。梁川埈浩君に劣らない驚きが…。 この春で中2になる加藤佑典君の曲弾きだ。正直なめてました…。すっごい上手い!昨年の大阪大会でのチャンプ馬場淳史さんより上手いかも?!言い方は悪いがMini神谷茂良って感じ。神谷師の手をすべてマスターしちゃってるんじゃ?っていうぐらいの弾きっぷり。一の糸の迫力もかなりのもの…スゲェ。きっと神谷師が大事に育てているんだろうな。現在中2。どうなっちゃうんだろう…。 ごめん、写真ないよ。本当に後悔… 。
a0023718_11395825.jpg
第二部ゲスト第一弾は近藤のぶ代さん。 なんたって「名古屋甚句」。のぶ代さんの唄ではなく…神谷師の三味線に感動!凄みがあった。「名古屋甚句」は津軽民謡ではない長唄のような都都逸のような曲なのだが、合いの手のフレーズの切れ味の鋭さといったら!達人の繰り出す返し技=必殺のカウンターのよう。神谷師の、そして津軽三味線の違う魅力をまたまた発見。いや~恐れ入りました…やっぱすごいわ。
a0023718_11401571.jpg

咊胤のプリンセス?武田佳泉さんが曲弾きで登場。 春からは国立音大生とのこと。上手い…でも。なんというか。大学生活でもっとたくさん、世界中のいろいろな音楽を聴いてほしいな。
a0023718_11432244.jpg

さてさて~!!!シークレットゲストの登場だよ !三橋美智也の一番弟子三橋美智一師匠の登場!!知らなかったけど神谷師って三橋美智一師匠のお弟子さんだったそうな。ともかく美智一師匠、素晴らしいエンターテナー!主役はオレだ!と周りを圧倒。唄は笑いと涙、心で歌う。真に素晴らしい。しかしお弟子さんは大変なんだろうな…。
a0023718_11433781.jpg
a0023718_11435077.jpg

そして。メインのゲスト福士ファミリー(福士豊秋、二代目成田雲竹女、福士あきみ)の登場! 福士豊秋氏の前撥の音色の美しいことといったら!イィィィイイイ!!オヤジさん最高だよぉぉぉぉぉぅぅう !!!福士豊秋&神谷茂良による「津軽世去れ節」は、ちょっと異次元に吹き飛ばされかかったいや~鳥肌と快感紙一重。神谷師は疲れているだろうが、福士のオヤジさんの気合に呼応してのナチュラルハイ状態だったか?春風に乗せられて切れそうで切れない凧の輪舞。いいものを見た!聴いた!!
a0023718_1149417.jpg
a0023718_1149181.jpg
a0023718_11492886.jpg

さて。本公演の目玉!神谷茂良師匠による曲弾き ☆
最高!と言いたいところだが…多分いい加減お疲れだったことだろう。 一部の最後あたりで、ぶっちぎりのテンションでの演奏が聴きたかったな。さすがに出ずっぱりはキツイよね。でも、堪能。もっともっともっと聴かせてください。福士のオヤジさんがMCってたけど、福士ファミリーの東京での公演に木乃下真市上妻宏光とともにゲスト出演するそうな。神谷&木乃下&上妻による曲弾き?!最高!!見たいよ~~~要チェック !
a0023718_11551483.jpg
a0023718_11552577.jpg

フィナーレは出演者全員による「ソーラン節」
中村仁美さんの悪戯っぽい唄、三橋美智一師匠の楽しさ、いいねいいね !
皆さんの疲れも吹っ飛ぶ楽しさ・笑い・感動
a0023718_11555664.jpg
a0023718_1156530.jpg


実に素晴らしい公演でした!
お疲れ様神谷師匠。
ありがとう咊胤会員の皆さま~~~ ☆☆☆
a0023718_11561870.jpg

[PR]
by sh2o | 2008-03-18 00:49 | 三味線
a0023718_11124673.jpg第3回 咊胤発表会 2008年3月16日(日)
@中京大学プルニエホール


<出演>
神谷茂良
咊胤会員

<ゲスト>
三橋美智一
福士豊秋 二代目成田雲竹女 福士あきみ
近藤のぶ代 中村仁美 
藤井城 梁川埈浩 藤井黎元


行ってきました。
津軽三味線奏者神谷茂良氏の主宰する団体「咊胤」の発表会。
僕の津軽三味線の先生の所属している会です。
だから僕は神谷師の孫「生徒」?
ということで期待と羨望の眼差しでもって観戦。

中京大学プルニエホールには開場時間の30分前には到着。しかしすごい行列!近藤のぶ代さんの会の発表会のときの盛況ぶりにも驚いたが、津軽三味線に人気があるのか、神谷師に人気があるのか…多彩なゲストのおかげ?この世界、ほんの片隅を数ヶ月のみ齧っているだけだが、それでも「師弟関係」というか色んなしがらみが見え隠れ。よくも悪くも濃厚です。
a0023718_1115120.jpg
a0023718_11154767.jpg
ともかく正面右手の前から2列目の好位置確保!開演時間にはすでに満員だ。お馴染みの、会員全員での「六段」で幕開き。先生の姿を発見!何か紋付袴が似合わないな~。それよりも?ステージ後列左端に左利きの女性を発見!かっこいい!!そして、曲弾き披露の一番手はその人だった。落ち着いて弾いてたな~すごいな~と感心。
a0023718_11354455.jpg

数曲後まずは最初のゲスト藤井城・黎元親子と藤井城氏の若手お弟子さん梁川埈浩君の登場。黎元君、梁川埈浩君はまだ高校生だ。 三人による曲弾きからスタート。正直この曲弾きはメリハリに欠けあまり面白くなかった。問題はその後。梁川埈浩君による唄。唄うは「津軽世去れ節」だ。変声期がどうなったのかはわからないが、すっきりした高音の伸び。これはいいよ!耳にかかる長い前髪、銀縁メガネ、青白い皮膚。これは「萌え系」民謡?!いいっすよ梁川君。僕はファンになりました!唄の後は師匠の藤井城氏の唄付け三味線演奏。これがまたいい音だしてるのよ~。プロフィールを見ると弘前大会C級チャンピョン。なるほどね…期待しちゃいます☆ 〆は再び三人での曲弾き。オリジナル曲「トライアングル」。JAZZフュージョン系の曲。黎元君のベースラインがかっこよかった。
a0023718_11355919.jpg

可愛い女の子の唄のを堪能した後は、ゲスト第二弾中村仁美さんの唄で第一部終了。仁美さんは華があるね~。いい感じ(何が?)仁美さんは、6/6にプルニエホールでコンサートがあるという。これは見に行きたい!神谷師の唄付けは最高~音の迫力が尋常じゃない。肋骨の間に鳴り響くって感じ。熱くなります
a0023718_1136929.jpg

ここで第一部が終了。
休憩~☆☆☆ しかし長丁場だな。。。
a0023718_11572326.jpg

[PR]
by sh2o | 2008-03-18 00:00 | 三味線