「ほっ」と。キャンペーン

Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

a0023718_14471396.jpgAndré Mehmari
"...de árvores e valsas"

Na Ozzettiとのデュオアルバム"PIANO E VOZ"Hamilton de Holandaとのアルバム"Contínua Amizade" 、ビートルズ曲集はあったが、純然たるソロ名義作品というと"Lachrimae"以来のアルバムになるだろうか。そうすると5年ぶりのソロ作だ。
2004年~2007年の間にAndreのホームスタジオEstudio Monteverdiにて録音された作品たち。 CDナンバーも「EM 001」。すべてがAndreの意思のもとに、正に枝葉まで行き渡り製作されたアルバムだ。

Andreは過去の作品でもマルチインスト奏者ぶりを発揮していたが、本作では更に殆どの楽器をみずから演奏。そして演奏のみならず、Andreの声が実にいい。Andreの長身ぶりを思い出す、実にゆったりと暖かい声。アルバムタイトル"...de árvores e valsas" は、" ...about waltzes and trees"という意味。そう。まるで彼自身が大きなワルツの木のようだ。風にゆれ光を浴び影を落とし、葉を茂らせ枝には鳥たちが集まり、樹下では様々な生き物たちが育まれては眠ってゆく。その決して同じでない繰り返しを見つめては、また己も、何処かに何かを置いて行き、そして何処かへ知らぬ空へと伸びてゆく。

ゲスト参加でがSergio Santosが抜群の存在感。実にAndreの音楽とマッチしている。この二人でのDuoアルバムが聴きたいな。

しかし、この世界観はすごいね。涙とともに震えてきちゃう。カエターノ、ミルトン、ジスモンチ、ショーロ、サンバ、JAZZ。そのすべてAndreという大きな木の下でオペラを繰り広げているような、そんな星空につつまれるような感動を味わえる。そう。Andreの世界が宇宙へと深化&進化したような作品だ。

このような音楽に触れることの出来る幸せ。
素晴らしいな、世界は。
音楽は



光は表と裏を透かしながら僕たちを惑わせる。
木の肌が触れると、目覚めたように僕は喉を振るわせる。
あぁこうして、僕たちは愛し合い、ただ緑の香りに酔いしれる。

ピアノの音が風の中へと誘う。
様々な楽器の行方を追い続けては、またアンドレのピアノへと戻る。
彼の声が聴こえる。

そう僕たちは
木漏れ陽に抱かれている。
僕たちは風とともに幸せになる。
そして踊りだす。アンドレのワルツにあわせて。
[PR]
by sh2o | 2008-04-24 14:44 | Brasileira
a0023718_16385598.jpgこれもFlorenciaからもらったCD。
Lito Vitale絡みでGabriela Torresの名前は以前から知っていたが、ちゃんと聴くのはこれが始めてだ。

1曲目はStingの曲のような雰囲気。なかなかいい。大洋レコードさんで聴いたTanghettoの"Englishman in NY"を思い出した!不思議なムードのアルバムだ。アダルトというわけでもないし、気合!というわけでもないし、脱力でもない。かといってスルリと掴み所がないというわけではない。塩味が絶妙というか、また立ち寄りたくなる小粋な小料理屋という感じ。タンゴ、フォルクローレ、Pop Rockなんでもありの素敵なお品書き。

ラストの曲では夫であるLito Vitaleも参加。Lucho Gonzalezと一緒に、なんとボサノヴァを奏でている!他Kevin Johansenもヴォーカルで参加。この曲は異色でなかなか面白い。

Florenciaとのメールのやりとりの中にも、Gabrielaやこのアルバムのことは出てきたことは覚えているが…それにしてもこのアルバムといいPezといい、ツボをついたプレゼントで思わず唸ってしまった。

ありがとうFlorencia
[PR]
by sh2o | 2008-04-22 20:38 | Argentina

Pez "Los orfebres "

a0023718_1648738.jpgPez、かっこいいねぇ。
FlorenciaにもらったCD。当然彼女も大ファン。なかでもギタリストのAriel Minimalは大のお気に入り。Arielは活動休止中のLos Fabulosos Cadillacsのメンバーでもある。今やアルゼンチンROCKを代表するギタリストだ。

サウンド的にはブリティッシュなハードロック。正しくそれでしかない。MotorheadWishbone AshThin LizzyDiamond Head、初期RUSH?思い出してはニヤつくが…やはりMoutain?!ArielてどこかLeslie Westに似ていない?しかし痺れる~!!だが凡百のバンドと全く違う。何がって、重さが!本気が!そして更にSpinettaに聴けるような如何にもアルゼンチンな、歌詞カードを見ながら聴いていても「どこ歌っとんねん?!」的呟きボーカルに惑わせられる。これでArielは弾きながら歌っているんだがらスゲェなぁ。ギターリフも全編に渡って似たようなメロディ、音質が続く。それが積み重なって積み重なって、そに重みに耐えかねたときに爆発する美メロ!これぞ燻し銀ハードロックな快感☆まずは、2曲目のような初っ端から急所に食い込むようなリフにものた打ち回れ!汗かいた後の爽快感を味わいながら、更に砂を噛む。これぞ漢(男)だぜ!!更に3曲目、4曲目、5曲目の流れといったらないぜ。何時どこの音楽を聴いているんだい?血の流れる音だけが俺の時間を司る、それがROCK!と意味不明な雄たけびをあげる。Pepo Limeresのオルガン、Keyboardsもスゲェかっこいい。時折すごく変な音を出しているのだが、それが嵐の合間にさす一瞬の晴れ間のようで実に効果的。Fósforo García のBass、Franco SalvadorのDrumsはHeavy!久しぶりに痺れました。というか久しぶりに親が「うるさぃ…」って顔をした(笑)。Francoの曲、けっこう好きだなぁ。

Pez、いいよ!

ひっそりと蛇足だが。
ArielFlorenciaGalassoというアルゼンチンのビルダーのギターを使っている。ArielにとってはGalassoはメインギターだ。ArielとFlorenciaでプロジェクトを推進中とのこと。これはヨダレもの。。。
[PR]
by sh2o | 2008-04-21 20:27 | Argentina