「ほっ」と。キャンペーン

Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Spinetta - Un mañana

a0023718_13511575.jpgアルゼンチンROCKの帝王Spinettaの新譜。
かっこいい!!この鋭さはなんだ!
この平行四辺形ジャケットはなんだ?!

やってることは何時もそう変わらないのに。そう。バンドメンバーは前作『PAN』と同じClaudio Cardone(keyboads), Sergio Verdinelli(drums) そして Nerina Nicotra(bass)。にもかかわらずこの激変ぶり。感じとしては『Para los árboles 』に似ているか。水中から水面を見上げるような浮遊感。空気の替わりに光を飲み込み力がみなぎるような。光合成?そうか!スピネッタは光合成ROCK!!

鍵盤奏者Claudio Cardoneが存在感たっぷり。3部構成の曲 "Canción de amor para Olga"ではClaudioのセンスが光る。また曲によりNicolás Ibarburu, Sartén Asaresi, そしてBaltasar Comotto の3人のギタリストを使い分けているのも面白い。 Nicolásはウルグアイ出身のようでFatorusoファミリー周辺での活動歴もあるようだ。
"Hombre de Luz"は父Luis Santiago Spinettaの詩をSpinettaが自身のキーボードをバックに謳いあげる。うっとり…男の涙だぜ!!!
そういえばこのアルバムには息子のDanteValentinoも関わっておりSpinettaファミリーによる作品といってもいいのかも。だからこの気合の入りっぷりか?タイトル曲"Un mañana "(インスト)以降は吐き出しそうなほどの真空状態。いやいやSpinetta禁断症状か…全編通してSpinetta狂気が染みとおっている。それに続く"Mi elemento"も名曲だ!誰だ、SpinettaをAORだなんて言っているのは!でも…そういわれてみればSteely Danっぽいなぁ。ギタリストを使い分けているところも共通している。もしや…スピネッタさんそのつもり?それでもやっぱり"Preso ventanilla"エンディングでのSpinettaのギターソロが一番かっこいいぃ!、『Para los árboles 』収録の名曲"Agua de la miseria"っぽいシタール調のサウンドが印象的でもある。

さてさて。聴いた後より、平行四辺形はSpinetta形と単語登録するべし!!!
a0023718_1646155.jpg

a0023718_16461026.jpg

[PR]
by sh2o | 2008-10-27 16:46 | Argentina
a0023718_1410387.jpg福居一大福居典美姉弟によるアルバム。

録音場所は、キース・ジャレットが『ゴルトベルク変奏曲』を録音したことで知られる八ヶ岳高原音楽堂。津軽三味線の音色も八ヶ岳高原の空気の中でごく自然に響いており、実に心地いい。

1曲目はロシア民謡らしい。上妻宏光がロシアでバラライカ奏者と共演したというニュースもあったのでどのように料理されるのかと期待したが、普通に津軽三味線ぽくてちょっと残念。2曲目は福居典美による「あいや節」。いいねぇ典美さんは。いかにも典美さんらしい艶やかな音の運び。実にいい。5曲目の福居一大の「津軽じょんから節-曲弾き-」も聴き応え充分!どんな微かな震えも逃さないような八ヶ岳高原音楽堂の佇まいが伝わってくる。逆にその分演奏はちょっと作りすぎかなぁとも感じられるが気のせいか。

素晴らしい演奏を、素晴らしい録音で聴くことの出来る、貴重な一枚だ。
[PR]
by sh2o | 2008-10-21 15:47 | 三味線

狩野泰一 『風うたう』

a0023718_10432143.jpg篠笛奏者狩野泰一の2ndアルバム。

篠笛の音色は好きだが、このアルバムを入手したのは福居典美(TENBI)の津軽三味線が聴けるから!彼女が参加している曲「STAR WIND」は最高~☆福居典美の三味線に絡んでは飛び去る篠笛、ヴァイオリン、ギター。ヤヒロトモヒロのパーカッションは星の瞬きのようで効果的!すばらしい曲です。全編こんなスリリングな調子だったらなぁ、と思うのですが…この1曲だけでも「買い」です。
[PR]
by sh2o | 2008-10-21 10:50 | 三味線