Musica Argentina Brasileira All Frontiers


by sh2o

『無茶の茶』レコ発 第二部

さゆりさんお色直しで第二部のスタート!いいな~どうなってるんだろうこの服。むふふ。
KeiさんのIggy PopのRock-赤Tは当然そのままです…。そういえば前も着てましたね。。

a0023718_1218246.jpg第二部は「誰」でスタート。この曲大好き。3rdアルバム『無茶の茶』を代表する曲じゃないかな。間奏部分から後半が実に味わい深く夢見心地。安眠枕で賽の河原をドライブしている感じだ。

「七人の侍ごっこ」(大笑)を導入にして?「ある店主の唄」。この曲は喫茶アミーゴのさぼりマスターだったKeiさんを歌った唄とのこと。さゆりワールドのほんの一部が全開された曲。素晴らしい。この曲がライブで聴けるなんて幸せ。こういう日常串刺しアワンギャルドさもEttの魅力だもんね。どう曲が終わるのか、さゆりさんとKeiさんの駆け引き?が面白かった。

さゆりワールドの後は青柳努ワールドへようこそ!な2曲。「おいおい」「おいおいおいおい」な掛け声がいいね。笑って唄って楽しい、これはライブで聴かなきゃ!な曲。
a0023718_12194561.jpg

Ettって西本さゆりな世界を、Keiが無銭or無線旅行している感じかな~なんって思ったりして。

さぁ~そして「楽しや汽車の旅」!この曲をライブで聴くのがまさに「楽しや~」だった!やっぱりコール&レスポンスなのね~。もっと盛り上りたかったな…。駅アナウンスも再現!駅名が「TOKUZO」になっている!!これあっちこっちの会場で駅名が変わるんだろうな。、楽しそう。赤系照明と紅白幕をバックに映えるさゆりさんの白いブラウスとピアニカ。かっこよし~!これは座って聴いていたのじゃもったいなかった。
a0023718_122038.jpg

盛り上った後の下り方面行き。さゆりさんの好きな越路吹雪の「Try to Remember」。これがよかった!あ~もっとさゆりさんに愛の歌を唄ってほしいな。平凡でも異常でも異性でも異星の愛でもいいです。胸にお腹に組まれたさゆりさんの手にグっときちゃう。会場では涙ぐむ嗚咽が聞こえたような聞こえなかったような。

「Try to Remember」に続いて更にしんみりと「最後の唄」。スローな曲でのさゆりさんの声ってどんどん太く強くはっきり繊細に、遠くの海鳴りの様なそれでいてかすかな鳥の声の様な、そんな声になっていっているような気がする。

a0023718_12211352.jpgそして第二部の〆は「山のてっぺん」!
山のてっぺんのドッペルゲンガーのごとく、さゆるさんの十字架飛翔ポーズで終了!!これがかっこよくて病み付きになるのです!!!

いや~いい、本当にいい。
『無茶の茶』に滲み出している雰囲気、
のんびり ゆっくり
しんみり ほのぼの 
心地よくて楽しくて
でもどこかで隙間風が身にしみる。
そんな風景がステージから溢れ出してくる。

さぁさぁ!次はアンコールだよ!!!
[PR]
by sh2o | 2007-02-12 12:21 | Ett